2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

2017年10月 7日 (土)

栗のケーキ

先日、半日かけてむいた栗は、渋皮煮にしましたが、
渋皮煮がゴールではなく、それを入れたケーキを作ってみること、でした。

171007

バター、小麦粉、砂糖、卵の量、それと作る手順は、普通のパウンドケーキのレシピを参考にしたのですが、
栗の量はその時の感覚で入れたので、再現不能のテキトーケーキです。

これ、実は2度目の挑戦で、1度目は膨らみがいまひとつで生地がギュッと締まって焼き上がってしまい、
しっかりすぎる食感になっていまいました。
今度は栗をあまり砕きすぎないようにさっくりと混ぜて、
卵は卵白を分けて泡立てて、最後に混ぜてふわっとさせるのを狙ってみました。

少~~~し改良できたかな。

今度は、もっとふんわり、もっとしっとり、させたいな。

3度目の挑戦は……あるのかな?(^^;)

2017年10月 5日 (木)

パッチワークエプロン

新作のエプロンを追加しました。

171005a
【 りんご 】
ベージュとブラウンの無地にりんごのプリント地を縫い合わせて、
波形テープで飾りました。

 

171005b
【 赤と黒 】
バイアステープを裁ったあとの斜めの線を活かして縫い合わせたら、
ちょっとかっこいいかな。

 

171005c
【 紺花柄 】
紺の面積が多い中で、花柄プリントの山吹色が
キラッ☆と明るさを出しています。

 

簡単な形の、とてもシンプルなデザインのエプロンなので、
布合わせをいろいろに作ってみました。
手元にある布を思いつきで合わせていくので、一点ものになります。

 

商品はこちらで ご覧いただけます。
→Creema 雨の日工房のSHOPページ


 

2017年10月 4日 (水)

紺色リネンの割烹着

新作の割烹着をお出ししました。

171004

紺色のリネンで作った、7分袖の割烹着。
今回は、衿元の形をVネックにして作りました。

シャツスタイルがちょうど気持ちいい季節です。
そのシャツの衿元のV字がきれいに納まる形。

まだ暖かさも残るこの季節、7分袖で手首まわりもスッキリ☆です。

 

商品情報はこちらから ご覧いただけます。
→Creema 雨の日工房のSHOPページ

 

2017年9月28日 (木)

栗むき

なぜか栗の渋皮煮を作ろうという気になってしまって、昨日、お昼から栗の鬼皮むきを始めました。

栗を扱うのは、何年ぶりだろう。
慣れないことをするので、栗の実に包丁を入れるのにも、刃を滑らせて手を切らないか、ビクビクしながらの作業。

1kgの栗をむくのに、3時間…。

なんでこんなこと始めたんだろう…と、挫折しかけながらも、むききりました~!

170927

これができたのも、テレビを友として、ワイドショーやドラマを見ながらだったからだな~(^-^)

皮むきで疲れ果てて、早々と力尽きて寝てしまい、もう2度と栗などいじるものかと思ったけれど。
渋皮をずいぶん傷つけてしまったから、半分くらいは煮ているうちに崩れてしまいました(T_T)

悔しいので、もう一回やってみようかなという気がしたりもして…

2017年9月14日 (木)

乾燥糸こんにゃく

あるとき食品売り場をぶらぶらしていた時に見つけて買ってみた「乾燥糸こんにゃく」が、
使いやすくてなかなか便利です。

170914

おにぎりと豚汁など具だくさんの汁物をお弁当にすることがあるのですが、
糸こんにゃくを戻さずに加えて、サッと煮て味付けしてスープジャーに入れちゃうと、
お昼にはちょうどいい感じに戻って味も入って、食べごたえもあり、美味しい。
今日は鶏だんごにきのこやこんにゃくを加えたスープにしました。

あとは、熱湯で戻したこんにゃくを、えのきとかにんじんの千切りなどとごま油で炒めて、
明太子をからめたおかずも、普通の糸こんにゃくと食感がちょっと違っていて、
それがなんだか気に入っています。

簡単で、食感もいい。
それから、一玉の量が、ちょうどいいんです。
汁物にするときには、一玉で多すぎず、かつ満足できる量、
おかずには2~3回分の作りおきができる量。

便利です♪

2017年9月 1日 (金)

裁断の日々

悩み悩み布を組み合わせて、エプロンを作るための準備を、
ひとつに何日かかっているんだか、のろのろと進めています。

途中で目についた布も、どんなエプロンを作るか決まったら、一時脱線して裁っていきます。
こっちは、作るものを決めてしまえば悩む時間がそんなにいらないので、作業は早いのですが。

170901

布をあれこれ組み合わせて作るエプロンのほうは、やっと3枚分の準備ができたところです。
イメージができているのは、もっともっともっと!あるのです!
忘れないうちに形にしてしまいたいので、なかなか仕上げる作業に移れないでいます。

もういいかな、というくらいまで、まだ何日かは裁断の日々になりそう。
まだまだ切るぞ~~~!(笑)


2017年8月21日 (月)

花火のグラニーバッグ

懐かしの生地シリーズ(?)みたいになっていますが、
7年前に作ったエプロンの残り布で、気楽に作れる・持てる、バッグを作りました。

「花火のエプロン」という作品で使った布地。
縦横に織り線の入った、和風の布でした。
これもお気に入りで、使い切りたいと大事に保管していた布です。

使った布、作ったエプロン、けっこう覚えているものです。

170821

これは、幅が40cmくらい、高さが25cmくらい。
先日のグラニーバッグより大きめです。
ちょっとだけ買いたいときの、ショッピングバッグにいいかな、という感じ。

勤めていた頃、お弁当の材料をちょっとだけ買って帰ろうというときに、
買物袋として小さすぎるか大きすぎるバッグしか持っていなくて、
不便に感じたことがありました。

どのくらい買うかわからない買い物のために、何種類も買い物袋を持ち歩くなんて、
荷物が増えるばかりでアホらしいと思うけど、それでも、大・中・小、あるといいなぁ、と
思っていました。

ちょうどこんなサイズ、よさそうだったな。

内布は、細かい赤のギンガムチェック。

 

2017年8月19日 (土)

布合わせ

布地をランダムに縫い合わせて、一枚の布を作っています。

ランダムに、行き当たりばったり的に、
自由に布をつなげていきたいというイメージで始めた。
でも…、ランダムって、なかなか難しい。

170819

きっちりやらずに、ちょっと崩してみたいんだけど、
私の性格、どうしてもキッチリカッチリ、やっちゃうんだな…(^^;)
う~~~んdespair

2017年8月15日 (火)

花柄のグラニーバッグ

雨の日工房の、ごく初期の頃に作った割烹着の残り布で、ミニバッグを作りました。

お気に入りの布だったので、少ししか残っていなかったけれど、大事にとっておいた。

170815a

3年前に、違う布で同じものを作っていました。→グラニーバッグ

縁取りの幅を、前より少~しだけ細めにしてみました。
ほんの1ミリほど違うだけで、かなり縫いやすくなった気がします。
まぁ、作るのが2回目だから、ってのもあるのかな(^^;)


2017年8月 9日 (水)

ピリ辛きゅうり

先日、HPの日記のほうで、お店で食べたものを再現するのが楽しいと書いたのですが、
再現に挑戦しました。

170808

メニューに「ピリ辛きゅうり」となっていたもので、出てきたのはもうちょっと赤い色が強く、
もっと唐辛子感があって、キムチみたいな味かと思ったんだけど、違いました。

味わうと、唐辛子の味はするけど、ニンニクとかのキムチらしい味はしなくて、柚子の香りがあって、スッキリした味がする。
見た目がキムチっぽかったので、あれ?っという感じだったんだけど、
じゃぁ、なんだ?

新潟県人なので、なんとなく「かんずり」かな~、と思いました。
かんずりの味、よく知らなかったんですけれどね(^^;)

で、早速、かんずりを買って帰って、家にあるきゅうりで作ってみました。
乱切りにしたきゅうりにかんずりをからめて、すりごまをたっぷり振りかけた感じ、
かな。

味は、かんずりで正解だったみたい。
でもお店のは、もっと赤い唐辛子の感じがたっぷりからんでいた気がするけれど、
あそこまで赤くすると相当辛いと思うので、見た目と味とをどう合わせるかが分からない。

でも、かんずり味、おいしいわ♪
 

新潟県人にしては、今さら…な感じだけれど、「かんずり」、注目の調味料かも。
一瓶買ってたっぷりあるので、いろいろに使ってみたいな。
柚子胡椒のように使える感じかな。



2017年8月 5日 (土)

小花柄のエプロン

新作のエプロンができました。

170804

くすんだブルーの地に白・ベージュの小花柄の布地を使った
フレンチスリーブ型のエプロンです。
前身頃はバスト下で切り替えて、濃い茶色のリボンを飾って引き締めました。

平織りの薄手の生地で柔らかく、暑い季節にも使いやすい素材です。
日々の服との組み合わせで、オールシーズン使えるエプロンです♪



2017年8月 2日 (水)

夏の朝霧

今朝、ちょっと早く目が覚めて、いつもならそのまますぐまた寝ちゃうんだけど、ふと、窓の外を見たら。

夏にこんなの見たことない、朝霧の風景。

170802

珍しいので写真を撮り、そのあともう1時間ほど、寝ました。

涼しくて、気持ちよかったから!(笑)

2017年7月31日 (月)

オクラをたっぷり食べる

畑があると、1種類の野菜が次々に大量にとれてくる時期があります。
我が家は今、トマトとオクラがたまり気味。
毎日、消費できる量を超えた量がとれてくるので、たいへんです。

でも、オクラはどうにか、消費できそう。

170730

収穫後たまってしまったオクラは、2~3日分(毎日やるのは面倒なので!)を一気に茹でて、
熱いうちに白だしを回しかけてタッパーで保存。

私は、冷水につけて冷やさないので、茹で時間は短めに、
余熱で火が通っても歯ごたえが残るくらいを狙って、
早めにお湯からあげます。

よく冷やしたオクラは、一本まるごと、バクバク食べてしまえるので、
大量に茹でてもどんどん消費できます。
つまみ食いで3本くらい食べちゃいました(^^;)

そのまま食べるのも美味しいし、刻んで納豆と混ぜるのも、味噌汁に浮かせたりも、
彩りに添えるのも、サッと使えて便利です。
お弁当などにも使える肉巻きも、味が入っているので、肉に味がつけば、もう美味しい♪

冷蔵庫で3日くらいは大丈夫なので、なにかと重宝です。


2017年7月22日 (土)

どれにしようかな~

エプロンを作るときは、だいたいのところは決めて始めるのですが、作りながら考える部分もあります。

今作っているエプロンも、リボンをつけることは決まっているのだけれど、
何色のリボンにしようかな、というところは、作りながら。

170722

とっかえひっかえ置いてみて、どれが自分の感覚にピッタリくるかな、と
やっています。
パッと決まるときもあるし、だいぶ迷うときもあります。

さて、今回はどっちにしようかな~。

2017年6月29日 (木)

未完成だった割烹着、ようやく仕上げ

ミシンでアップリケをしています。

170628

土台は割烹着なのですけれど、作り始め段階では、切替え部分にレースをつけて、
飾りはそれだけにするつもりだったんです。
ところが、形になってみると、どうにも物足りない感じがして、このままお店に出す気になれず。

黒の水玉で、もうちょっと何か付けたい!

「なにか」の部分がひらめかず、なんと、そのまま3年寝かせてしまいました!!
(このころちょうど、シッカリお勤めするようになったのもあり…coldsweats01

その間にも時々、どうしようかな、と考えたりもしたのですが、
このたびようやく、「なにか」が決まりまして、完成の運びとなりました。

「なにか」は、薔薇にしたくなりました。
こんな感じで、というイメージを図案にすると、細かいパーツもあって、
正直なところ、バラなんて面倒くさいんですよ。(笑)
なので、もっと簡単な形のアップリケができないかと、あれこれ考えてしばらくジタバタしていたんです。

でも、「こんな感じ」って、強いんですね。
頑張ってカタチにする、自分の中の選択肢もこれ以外なくなってしまうんですね。

じゃ、最低限の1輪だけ…と思ったら、どうもしっくりこない。
納得いかなければ商品にはならないので、2輪つけることにして落ち着きました。

今日の写真は、縫い付けている途中。
「面倒なこと始めちゃったなぁ…」の図、であります。

 

2017年6月15日 (木)

リネンの割烹着

新作の割烹着をお出ししました。

170614

こちらは、定番型の割烹着を、夏なので7分袖にして、リネンで作りました。

他には、ダンガリーで作った7分袖割烹着もお出ししています。
先日のフレンチ袖割烹着と同じ布で作っています。

2017年6月11日 (日)

フレンチスリーブのエプロン

170610

今度お出しする予定のエプロンです。

布地は紺系のダンガリーを使い、見た目も涼し気な一品。

ネイビー系のダンガリーはいろんな色や服に合うので、
日常の服の上から身につけるエプロンに仕立てても、
とても使いやすくて重宝します。

 

2017年3月23日 (木)

ポケットティッシュケース

商店街などの抽選会の末等がポケットティッシュだったりします。
その末等が大量に、私の手元にたまっている。(要は、大量のハズレ!笑)

小さなハギレも、いっぱい、たまっている。

両者をくっつけて。

170322

ポケティッシュケース、中身(ティッシュ)付き!

「中身」が尽きるまで、作ります。

 

表地と裏地の組合せを考えるのが楽しい♪
裏地がちょっと表に出て生きてくるように作ります。

 

2017年1月 3日 (火)

鶏のマスコット

今年も干支の画像を掘り出しました。

12年前に作った、鶏の夫婦。

170101

当時、年賀状にするために作ったものです。

12年前は、私もマメでした…(^^;)
お人形を作ることから始めて、写真撮って、年賀状にして。

今年は、当時のマメさを少しでも取り戻したいな、と思います。

 

2016年12月 4日 (日)

前開き割烹着

ご注文を受けて、無地割烹着の布地で前開きの割烹着を作りました。

161204

商品ページの受注製作メニューの中に加えるつもりなのですが、なかなかページの準備ができず、裏メニューみたいにして存在しております(^^;)

同じ型のものを過去に販売したことがありますので、今はそのページをご参考に。→

«ランチタイムの友