2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お店はこちらです

フォト
無料ブログはココログ

2019年7月15日 (月)

スラブリネンのエプロン

かすれたような味わいのあるグレーのリネンで作ったエプロン。
涼しげに見えるけれど、温かみも感じるようなグレーです。

190714b

胸元とポケット口に生地と馴染む色合いのレースを飾って、
落ち着いた中に可愛らしさを加えてみた、、、つもり。

 

2019年7月14日 (日)

ローズ柄のエプロン

いつも落ち着いた渋めな色を好んで使っていたけれど、
久~~~しぶりに、きれいな色のエプロンを作った気がします。

190714a

冬に心惹かれて布を買い、初夏にピッタリだなと温存していたら、
気づけばもう盛夏でしょうが。…という時季になってしまいました。

布はざっくりした平織り。少々厚みはある気がしますが、
見た目は涼しげで、眺めていて爽やかな気分です。

 

2019年7月 4日 (木)

梅雨の悠久山公園

母を車で医者に送るついでに、息子も乗せて学校まで送り、
せっかく来たので足を延ばして悠久山公園をぶらぶらしました。

雨は上がって曇り空。ムシムシするのをちょっと我慢して、
蒼柴神社の境内を通り抜けて公園へ。

190704a

いつも一休みする屋根とベンチがあるところから、下の池を眺めるのが習慣です。

風が通って涼しくて、ここで座ってちょっと休憩しました。
そうだ、いつかここで、時間を気にせず、本でも読んで過ごしてみたいと思っていたんだ。
母に「これを読んで待っていなさい」と渡された文庫本をぱらぱらめくってみたけれど、
今日はあまり時間がなくて、落ち着きません💦

190704b

広~い公園が、私専用の庭みたいに、誰もいない!
贅沢~~~(≧▽≦)

今日は風も涼しいし、本当に時間を気にせずゆっくりしたい気分だったんだけど、
母との待ち合わせ時間が迫ってきたので、急いで戻ることになってしまいました。。。

 

2019年6月15日 (土)

じゃがいも

今年たった一株植えたじゃがいも、
もさもさ大きくなって順調だと思ったら、
5月の半ばころから枯れはじめ。。。

みるみる枯れていき、完全になくなってしまいました。

毎日様子を見て、大事にしていたのに、枯らした。

この現実をなかなか受け入れることができず、
土だけになった鉢を始末できないまま今まで放置していたのですが、
そろそろ、何か違う種をまいてみようかしらという気になってきました。

で、鉢の中の土をザクザク混ぜ返していたら、

出てきた!
じゃがいも!!

190614

早々と枯れたから、いもができているとは思いもしなかったので、
1個出てきてビックリ。
もう1個出てきてビックリ。
大きいのも出てきてビックリ。
見つけるたびに、えっ? うわ! おーっ!
思いがけない収穫で、すごく嬉しかった~~~(>_<)

 

2019年6月13日 (木)

野鳥のクロスステッチフレーム

小学生の頃から「手芸」と名のつくものにはあれこれと手を出してきましたが、
クロスステッチはこれが初めて。
それも、何年前に買ったのか分からなくて、いつ手を着けたか記憶にないという
フェリシモの小さなクロスステッチキットを、何年かけて作ったんだか、
よう~~~やく、仕上げました。

長い長い道のりだった…

190613a

あと数目刺せば完成というところ。

前の日にコンタクトレンズを入れた状態で刺し始めたら、
布の目が見えにくくて苦労したので、
今日はレンズを入れないでメガネで。
さらにメガネもおでこの上にあげちゃって、
ド近眼の裸眼で、針で目を刺すんじゃないかと心配になるほど顔を近づけながら刺してました。

昔は、コンタクトさえ入れていれば万能で、
遠くも、ごく近くも、なんでもよく見えたけどなぁ…
どうやら、今の私には、コンタクトは遠くを見る専用になったみたいです。
いつの間にか、近くの細かいものが見えなくなっていました…(T_T)

 

190613b

完成後、さっそく、付属のフレームに入れて飾りました。

こんな小さな作品に何年もかかったのに、
今度はもう少し難しいの、またやりたいな~と思ってしまう。

 

2019年5月 2日 (木)

育つじゃがいも

じゃがいもの苗を植え付けてから、もうすぐ3週間。
大きくなるのがこんなに早いと思いませんでした。

190502

植えた後しばらくは株のまわりにまだ土が出ていたので、
はつか大根をまいてみたけど、間に合いませんでした。(^^;)
葉っぱの隙間に、大根の双葉がひとつ見えますが、
他はみんな、じゃがいもの葉っぱの陰になってしまっています。

じゃがいもがずいぶん伸びてきたので、はつか大根は諦めて、
土寄せというか、新しい土を投入しようかな…。
まだ思い切れないんだけど。

 

2019年4月22日 (月)

お山で花見

天気がいいので、母を誘って悠久山へ桜を見に行きました。

満開を少しすぎた散り始めくらいで、
花びらがひらひらと落ちてくる蒼柴神社の参道をのんびり歩いていると、
とても気持ちがいいです。

190422a

神社をすぎると、広い公園があります。

下のほうに、ちょうど盛りの枝垂桜が見えました。

190422b

桜の時季以外でも、ひとり静かにゆっくり散歩するのもいい感じな場所です。

 

2019年4月13日 (土)

じゃがいもにめざめる

乾燥にも強く、育てやすいと言われるハーブも枯らす私が、
何を血迷ったか、じゃがいもを育てることになってしまいました。

お店で食べて、なにこのさつまいもみたいに甘いじゃがいもは! とビックリした
「インカのめざめ」というじゃがいもを、家でも食べたくなった。
100%食い気が動機です。

190413

畑に植えると、絶対に面倒を見ない自信があるので、
大きめな植木鉢に一株だけ植えて、置き場所も必ず毎日通る場所、玄関前にして、
この一株に集中する対策をとりました~!(^▽^;)

ここまで自分を信用しないで備えたのだから(笑)、ちゃんと収穫できるといいなぁ。

 

2019年2月19日 (火)

花を飾る

春になるから、でしょうか。
たまには花を飾ろうかという気分になり、仕事帰りにミニブーケを買ってきました。
 
190219
 
今の気分は、ピンクのようです。
 
ピンクというと、柔らかな、穏やかな、充足感、幸福感、という感じがします。
 
が、私の現実は、ちょっと違うかな…
 
今回は、自分の気分を表した色を選んだというより、
足りないものを補うような選び方…?かも。
 

2019年2月17日 (日)

ミシン作業用エプロン

何年も前から欲しいと思っていた、
ミシン仕事をするときに使うためのエプロンを、とうとう作りました!
 
190217
 
エプロンや服などの、長いところを縫うときに、待ち針を打った布が腿に乗るのですが、
そのとき、待ち針がチクチクと腿に当たることがあります。
たいした痛さじゃないのですが、痛いのですよ。(笑)
 
針を通しにくい硬い生地のエプロンがあれば、
腿に当たる針に怯えないで作業ができるなと思っていたのですが、
作るのは後回し後回しになり。。。
 
簡単な形だし、実際に作り始めたら、すぐに出来るのにね。
 
硬さのあるしっかりと目の詰まった生地を使ったので、
太い針を使って、ミシンには少し頑張ってもらいました。
 
さっそく使ってみると、
硬めの布を腰に巻くので、着け心地のよさとか動きやすさとかは少し制限がありますが、
膝までカバーしていて、待ち針のツンツンから、太腿と膝までしっかりと守ってくれます。
作業中の安心感が、全然違います。
 
思いついたときに最優先で作ればよかった~。
 

2019年2月10日 (日)

枕カバーとクッションカバー

久しぶりの手作りは、自分のための枕カバーとクッションカバー。
 
190210
 
やっと、布団カバーといまひとつ合わないと思いながら使っていた古いものと交換できました。
直線で裁ってまっすぐ縫うだけで簡単なので、手慣らしにちょうどいい。
洗い替え用も一気に作ってしまいました。
 
奥のクッションカバーは、ただの無地ではちょっとつまらないので、
よく見えないけれど、ピンタックを入れてあります。
手前にたたんであるのは同じ作りの、枕カバー。
実は、前開き割烹着を作ったダンガリーの端切れです。
 
真ん中のは、綿麻の無地。中途半端にあったレースが、ちょうど縦の幅ひとつ分あったので、
使い切ってスッキリでした。
これは、枕の幅+20cmくらいの布を2枚裁って、はぎ目にレースをはさんで縫います。
上下を縫うときに、レースの位置がちょうどいいあたりに出るようにずらして折りたたむと、
後ろで枕を入れる口の部分の重なりも勝手にできてくるという、楽ちんな作り方です♪
手前にあるのは同じ布、違うレースを使ってクッションカバー。
 
無地だけでは寂しいので、バラのプリント生地のカバーもひとつ加えました。
 
寝る前の読書タイムが楽しくなりそうです(* ̄ー ̄*)
 

2018年11月 8日 (木)

けやきの木の下で

181108
 
散歩中、つまずかないように足元を見て歩いていたけれど、
 
ふと上を見上げてみた。
 

2018年11月 1日 (木)

始末のフルーツケーキ

ちょっと甘いものが欲しいときに、ヘルシーな気がすると思って買っておくドライフルーツ。
…買って満足、食べません

前回のお菓子作りで使ったバター。アーモンドプードル。
その後、使うことなく、どのくらいたったものかも不明。
 
そういう材料を全部始末するためのお菓子作りを、時々しなくてはなりません。
 
今回はフルーツケーキにしました。
 
181031
 
ドライフルーツにラム酒をドボドボ入れて準備。
パウンドケーキのレシピを見ながら作り始めるも、手持ちの材料がバラバラなので割合なんかワケわからなくなります。
多かったり、少なかったり。
 
また、テキトウケーキです。
 
意外と、大丈夫なもんです。
 

2018年5月13日 (日)

お弁当袋

息子のお弁当用の袋を作りました。
お弁当箱に合わせて、1段用と2段用の2種類。

180513

ハギレをあれこれ組み合わせて、爽やかなブルー系でまとめてみました。

保冷シートを内袋にして、これからの季節に備えます。

2018年3月 4日 (日)

エプロン2種

時々ご利用いただいているお客さまから、あるとき、
お気に入りのエプロンを、布を変えて再現できないかとのご依頼をいただき、
エプロンを2種類お作りしました。

180304a

落ち着いたピンク色の綿麻で、まず一枚。

180304b

グレー系の麻で、もう一枚。
深めのスリットが入ったデザインで、足さばきもいい感じです。

これまで私が作ってきたエプロンは、動きやすさを考えて
膝上か膝丈くらいがほとんどだったのですが、
今回2枚とも、膝下まである長め丈。
布地の色などもあるけれど、長めのエプロンは縦長のラインができ、
大人っぽくエレガントな感じになるんだな、と、発見。

今まで丈長エプロンの良さに気がつかなかったとは、私もまだまだ、コドモでしたね~(笑)
今回オーダーをいただいたおかげで、素敵な発見をさせていただきました。

 

2018年1月23日 (火)

コーデュロイ割烹着

もう春を待つ季節ですが、もうしばらく寒い日は続くので、
暖か素材のコーデュロイ割烹着です。

S067

S066

コーデュロイの中でも薄手の生地なので、軽く柔らかく、雪が完全に消えるころまでは、大活躍してくれます。

何よりいいのは、毛並を撫でたときの気持ちよさ!
うっとりしながら、なでなでしてしまいます。当然、仕事の手は止まってしまうわけですが(^^;)

今回は、深みのある青と、淡いカーキ色、小さな水玉模様の色違いで2種類作りました。

 

商品の詳細は、こちらで ご覧いただけます。
→Creema 雨の日工房のSHOPページ

 

2017年12月27日 (水)

前開き割烹着 2種

オーダーいただいて、前開きの割烹着を2枚、製作しました。

171225

HPに載せている商品のデザインそのままでお作りすることも多いですが、
商品情報を参考に、それより丈を少し長くしたり短くしたり、ボタンを増やしたり、と、
ちょっとした変更はお受けしています。

2017年10月 7日 (土)

栗のケーキ

先日、半日かけてむいた栗は、渋皮煮にしましたが、
渋皮煮がゴールではなく、それを入れたケーキを作ってみること、でした。

171007

バター、小麦粉、砂糖、卵の量、それと作る手順は、普通のパウンドケーキのレシピを参考にしたのですが、
栗の量はその時の感覚で入れたので、再現不能のテキトーケーキです。

これ、実は2度目の挑戦で、1度目は膨らみがいまひとつで生地がギュッと締まって焼き上がってしまい、
しっかりすぎる食感になっていまいました。
今度は栗をあまり砕きすぎないようにさっくりと混ぜて、
卵は卵白を分けて泡立てて、最後に混ぜてふわっとさせるのを狙ってみました。

少~~~し改良できたかな。

今度は、もっとふんわり、もっとしっとり、させたいな。

3度目の挑戦は……あるのかな?(^^;)

2017年10月 5日 (木)

パッチワークエプロン

新作のエプロンを追加しました。

171005a
【 りんご 】
ベージュとブラウンの無地にりんごのプリント地を縫い合わせて、
波形テープで飾りました。

 

171005b
【 赤と黒 】
バイアステープを裁ったあとの斜めの線を活かして縫い合わせたら、
ちょっとかっこいいかな。

 

171005c
【 紺花柄 】
紺の面積が多い中で、花柄プリントの山吹色が
キラッ☆と明るさを出しています。

 

簡単な形の、とてもシンプルなデザインのエプロンなので、
布合わせをいろいろに作ってみました。
手元にある布を思いつきで合わせていくので、一点ものになります。

 

商品はこちらで ご覧いただけます。
→Creema 雨の日工房のSHOPページ


 

2017年10月 4日 (水)

紺色リネンの割烹着

新作の割烹着をお出ししました。

171004

紺色のリネンで作った、7分袖の割烹着。
今回は、衿元の形をVネックにして作りました。

シャツスタイルがちょうど気持ちいい季節です。
そのシャツの衿元のV字がきれいに納まる形。

まだ暖かさも残るこの季節、7分袖で手首まわりもスッキリ☆です。

 

商品情報はこちらから ご覧いただけます。
→Creema 雨の日工房のSHOPページ

 

«栗むき