2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月29日 (土)

今日のミシン部屋

071229年末休みに入った、雨の日工房のミシン部屋でございます。

大掃除をして、スッキリと新しい年の仕事を始めたい。

不可能であります…!

スッキリするためには、布地、とくにハギレの箱を減らさないと。
思い切って全部捨てちゃう!ってこともできないでいるので、やっぱり溜まるばかり。
とにかく、何かを作らないと、この部屋のハギレは減らないのでした。

なので、軽く掃除をする程度で、今年も終わります。

さて、ティーコゼの裏は、明るいオレンジ色の布を使うことにしました。
ちょっと前の私なら、色味を抑えたベージュとか使うところだったのだけど、今日はオレンジの気分でした。

下中央に写りこんでるのは、これから投函する年賀状。
友人知人のみの、個人的なものしか出さないので、少ないです。

右下は、ハトコが夏に赤ちゃんを産んだんだけど、彼女が欲しがってる、よだれかけやママバッグの画像が何枚か。
こんな感じの、作れたら作って、と。
じっくり見ながら、考えています。
ポケットがいっぱいだったりする機能的なバッグは、作り慣れていないので、やめとく~。
よだれかけなら作れるよ。

と、なんだかんだと、ここで仕事してるんだよね~。

2007年12月23日 (日)

落ち葉色のティーコゼ

071223今日は、こんなものを作っています。

落ち葉色の割烹着の残り布で、ティーコゼでも作りましょ。
無地の布と接ぎ合わせて、それから波型テープを縫いつけようと思っています。
布地を接ぎ合わせてから、型紙を置いて、ほんとの裁断をします。
中綿を入れて、裏地は何にしようかな。まだ決めていません。

奥のほうに小さく見えるのは、今年作ったハリネズミのピンクッション。
フェリシモの手作りキットを買うと、袋に刺繍図案とかアップリケ図案とかがプリントされているのです。おもしろいですね。
そんなののひとつに、ねずみの型紙があったのですよ。
長い待ち針がズブリと刺せるような針山が欲しかったので、高さのあるのがちょうど良かったのです。
めちゃめちゃ愛用してます。

今日は、事件が!
作業の途中で、ちょっと階下に降りた私を息子が見つけ、私と遊ぼうとして飛びついてきたときに、父の大事な置物を壊してしまいました。
それで私の作業は中断。
破片の後始末をして、父が帰ってくるまで息子と玄関脇の部屋で待機。
その間に宿題をさせて、父が帰ってきたらすぐに二人で謝りに出て、そのあとまた宿題。
これがなかなか進まなくて、大変なんです。まったく、宿題多すぎです。
昨日の予定分も、まだ終わってないんです…。
正月の三が日くらい、遊びたおしたいのに、休んでいられないくらいの量。
かわいそうです。

2007年12月18日 (火)

お花のスモック

071218今日は、80cm用のスモックを縫っています。

12月6日の記事のスモックと同じ布。
そのときは別布と組み合わせて作ろうと書いたけど、結局は、身頃も袖も同じ布で作ることにし、これも1枚きり。

ちょっと! 可愛らしいわよ。

今は首まわりの始末をしようとしているところ。
ゴムを通して、全体のバランスを見ながら、リボンの長さを決めてカットすると出来上がり。

小さな指や、室内の何かが引っかかったりしにくいように…と思って、リボンのループは、できるだけ小さくしているんだけど、このくらいでも大丈夫かなぁ。
イマイチ自信がもてないあたり、小さい子のいる感覚を、もう忘れつつあるなぁ…と、ちょっと寂しい気分。

2007年12月10日 (月)

パターン作り

071210今日は、パターンのバージョンアップをしようと、作業をしました。

私の型紙作りの方法は、新聞紙に原型を写してから、あーでもないこーでもないと鉛筆でガシガシ線を引いて、使う線が決まったところを、カラーペンでなぞって、それを不織布に写しとります。

不織布を型紙に使用するという方法は、よく布地を買うショップのひとつ、OUTLET FABRICSさんで紹介されていたのですが、良さそうだなと思ったとおり、本当に使い勝手がよろしいです。

型紙作りも、裁断するときも、この不織布のおかげで、ずいぶんラクに、効率的になったんですよ。
たっぷり買ってあるので、思う存分、やり直しもできるしね☆
と、言いながらも大事に使いたくて、できるだけ無駄の出ないようにしているんだけど、ラインの手直しをするたびに、新聞紙に引いた線が複雑になってきて、写すところを間違ったりして、本当にやり直しをするハメになることも度々で……涙

2007年12月 9日 (日)

「霜のかけら」のスモック

071209大人用の割烹着などを作ったあとの、残り布を使って、こども用のスモックを作っています。

これは、先月出した商品の「霜のかけら」という割烹着と同じ布。飾りのリボンの色も合わせて、おそろいな感じにしています。

あとは、首まわりと裾の始末をして、ゴムを通せば完成。

残念なことに、ひとつ分しか取れなかったので、これっきりの品物になります。
スモックは、もう2~3種類作ってから、お店に出したいと思っています。

2007年12月 8日 (土)

なべつかみ

071208冬はとくに、なべつかみが活躍する季節ですね。

アツアツの土鍋を持つときとか、焼きたてのお菓子をオーブンから出すときとか。

割烹着やエプロンを作ったあとのハギレで、時々なべつかみを作っています。
中身は、粗品などでもらったタオルを何枚か重ねたものを入れ、真ん中へんをミシンステッチで押さえています。

写真のものは、商品番号【ZA035-9】
上からシャツコール天、ドットプリントのツイル、ワイン色の綿無地。裏面はベージュ色のツイルで。
サイズは20.5×12cmです。

他にもいろんな布地、組み合わせがありますので、ぜひご覧くださいね。
私はよく、結婚や新生活を始めた友人などへのプレゼントにします。
「あるといいな、と思うんだけど、なかなか買わないのよね~」と、喜んでもらってます。

たしかに、私も、なべつかみ欲しいと思ってから、実際に作るまでに、かなり時間がかかったものなぁ。それも年単位で!

詳しくは、「商品一覧→雑貨」からご覧くださいね。

2007年12月 6日 (木)

コーデュロイのスモック

071206寒くなってくると、コーデュロイの服や割烹着を着るのが嬉しい。

この何年か、冬が近づくと、コーデュロイ生地を探して、割烹着を何種類か作るのが常になっているんだけど、たまにはベビーちゃんにも着せてあげよう、と作ったものです。
ベージュ地に赤系の可愛い花柄と、無地の組合せで。
90cm用なので、2歳くらいの女の子に、いかがです?

今あるのは、その一枚きりなんですが、この花柄、もう少し残っているので、無地の部分を別の布にして、また作ろうか、という考えも浮かんでいるところ。

子どものスモックを作ると、いつも力説してしまうのだけど、
子どもの様子がめちゃめちゃ、可愛いっすよ~!
ホントに。私はそう思う。
息子が小さいころには、制服のように毎日、仕上げにスモックをかぶせてました。
袖口から出てる、ぷっくりした手の可愛いことったら、ないのよ。
うちはもう、スモックを着せる時期は終わってしまったので…。よその子におすすめしてます。

詳しくは、「商品一覧→こどもエプロン」からご覧くださいね。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »