2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

« 割烹着アップしました(3/10) | トップページ | ミシン部屋の窓から(3/24) »

2009年3月18日 (水)

珍しい事

090317

誰でもたまには、どうでもいいようなことに こだわることがありますよね~。

私は、「ミシン糸を、ステッチの途中で切らさないようにしながら、
できるだけ残さずに使い切ること」が大きな関心事であります。

すごく調子よく直線をダーーーーッと縫っていたのに、
うっかりしていると、下糸がいつの間にかなくなっていて、
最初の数センチしか縫えていなかったとかいうときは、
ガックリします。

逆に、縫う分には足りたけど、次を縫うほどはないという長さ、
20センチ以上残ってると、これもまた、悔しい。

どちらにしても
負けた……
って気分。

さて、珍しい出来事がありました。

割烹着の脇線を縫って、折り伏せ縫いのステッチをかけるところ、
下糸の残り量を見て、
微妙だけど、運が良ければこの線は縫いきれると判断して
スタートしました。

おしまいのほうは、もう下糸はなくなってるか、なくなってるかと、
気にしながら縫っていたんですが、最後まで縫ったところで
ピッタリ終わりました。

すごーい! やったぁ!scissors

では、ボビンにまた糸を巻いて、次の工程に進もうか、と
上糸の糸巻きを見ると、こちらもなくなっていました。
まったく、気がつかなかった。

ヒヤッとして、縫ったものを見たけど、ちゃんと縫えていた。
布があと数センチあったら、上糸も足りなくなっているところだった。

縫うべき布地と、下糸の長さ、さらには上糸の長さまでもが
ピッタリと合ってしまっていたんですね~~~。
ミシンを使うようになって、20年、こんなことって初めてじゃないかなぁ。

良い事あるかな、期待しちゃおう~happy02

 

« 割烹着アップしました(3/10) | トップページ | ミシン部屋の窓から(3/24) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 割烹着アップしました(3/10) | トップページ | ミシン部屋の窓から(3/24) »