2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

コーヒータイム

エプロン作りの合間に、ホッと一息いれるときには、
コーヒーを飲むことが多い。

我が家は、ほとんど、ネスカフェのエクセラ。
どんどんなくなる。
だから、大瓶!

090428

ネスカフェは、ビンが持ちやすいように、凹みが入れてあるんですよね。
なかなか気がきいてるな、と思います。

インスタントコーヒーの中蓋の紙は、全部はがして使うのが
本当だそうですが、
あまり、言うこと聞いてる人は少ないかも?

うちも、2cmくらいの穴を開けるだけで使ってますのでね。

で、うっかりすると、新しいコーヒーを開けるとき、
中蓋の穴を適当な位置に開けてしまって、失敗することがあります。

ビンの側面の凹みに対して、直角の位置に開けるのがちょうどいいのに、
凹みの位置とたいして変わらない角度に穴を開けてしまったりすると、
変なふうに手首をひねってコーヒーをカップに入れないといけない。
そのビンを使い切るまで妙な使い心地を我慢することになったりするのです。

こうなると、気がきいていたはずのビンの凹みが、邪魔になる
という、身勝手さ。

もうひとつ、このごろ気がついたんですが、
パッと手に取った、その向きと、穴の開いたところの向きが逆になってると、
コーヒーを入れるのに、もう一手間かかって、気分がよろしくないのです。
180度、ビンを持ちかえることになるのです。
これが、ほぼ毎回、持ちかえるハメになるので、ふと、気になり始めたんですよ。

これは、左手でビンを持つ私とは逆で、右手でビンを持つ人間が、
家族の中にいるということだ。
些細なことだけど、気がついてしまうと、なんか、イラッとする。

なんだい、そんな面倒なコト言ってないで、さっさと中蓋
全部はがしちゃいなよ。
即、解決でしょ。

と、コーヒーのビンから進言されたような気がした。

 

2009年4月22日 (水)

エコバッグを持参する エコじゃない人

私の住む地域で、スーパーがレジ袋をやめた、という話は
まだ聞かないんですけれども、
このごろ、スーパーにはマイバッグを持っていく人が
増えているように感じます。

でも、まだ、ステキだなぁ~と思うようなバッグを持った人に
出会いません。
飾り気のない、地味なバッグの人が多くて、
もっと楽しめばいいのに、と思ってしまう。

090421
私が使っているエコバッグは、これと同じ型で、大きめの花柄。
雨の日工房では「花柄の買物バッグ」として出ています。
それから、竹久夢二の図案の布で作った同型のもの。
買物量が多いので、かならず2枚は持って行くのです。
写真のは「梅かすみの買物バッグ」。
どちらも、SALEコーナーに入ってますので、お買得ですよ♪
詳しくはこちらから→
雨の日工房 

 
さて、
先日も、マイバッグを2枚持って、スーパーへ買物にいったんですが、
並んでいる人が少ないレジに、と思って並んだら、
そこのレジ係は「研修中」の人だった。

しまったー。bearing
それは、研修中の人のレジに並ぶのが嫌なのではなくて、
自分の観察力のなさというか、情報収集を怠るところについて、
失敗した!と思うのです。
並んでみてから分かった、ということが悔しいというかね。

…まぁいいか。
研修中といっても、このごろの“研修中さん”は、
ほとんどモタモタしてないので、たいして遅くないのですよ。

でもね、やっぱりなんか遅い。
やはり、ここに並んだのが失敗だったか?

他人の買い物を見るのは、格好良くない行いだと思うので、
見ないようにしているんだけど、
目の端に映る感じ、手際は悪そうじゃなかったが。
おかしいなぁ~、と思って見ると、
前のオバサンの買い物カゴの中がすごかった!

商品をみんな、売り場に備え付けてあるビニール袋の中に入れてあって、
かごの中は、袋しか見えないほどになっている。

レジの人は、そのビニール袋を平らにならしながら、
バーコードを読み取らせなくちゃならないので、
手間がかかっていたのでした。

レジ係の人が、苦労して読み取らせた商品を、次々受け取って、
自分のエコバッグに詰めているオバサン。

エコバッグ持ってきて、この大量のビニール袋はなんだ?
ちっとも「エコ」じゃないやん。

自分の感覚で理解できないことを見ると、こんなささいなことでも
脳みそは軽く混乱するんですな。
買い物カゴから拾い上げられて、レジを通して、オバサンの手に渡って、
買い物バッグに入っていく大量のビニール袋
を、しばらく無遠慮な視線で見続けてしまいましたよ。coldsweats01

あ。そうか。
マイバッグ持参で、ポイントはしっかりもらっておいて、
レジ袋じゃないビニール袋は
できるだけたくさんもらって帰ろうってことなのかな。

それって、スーパーのトイレに入って、トイレットペーパーを
失敬して帰るに似た考えでは?

あ~、あ~、あ~、
いやだなぁ~~~~、そういう根性。

===============

と、帰宅して母に話したら。

母は、
「エコバッグが汚れるのがイヤだったんでしょ」
と言う。

……あれ?

母は、良い方にとる人(=善意の人)、
私は、悪いほうに考える人(=悪意の人)。
ってわけ???

善人でありたい、私です。

 

2009年4月20日 (月)

ミシン部屋 雑感

布地の水通しをしながら、裁断済みの割烹着を縫う。

うちの場合、一度に処理できるのは、布地2枚までなので(竿の幅の関係で)、
一日に2種類ずつ、水に浸けては、竿にかけて干している。
そして、乾くちょっと前くらいに、延々とアイロンがけ。
これが面倒な作業のひとつ。
今日のはちょっと、乾きすぎた。
天気が良かったから? さほど良くもなかったけどなぁ。

090420
次の割烹着には、どれを使おうかなぁ~。

布地の乾燥を待つ間、割烹着を縫いながら、
準備の出来た布地をどう使ってエプロンを作ろうか、と考える。
なんとなくのイメージは描いているけど、実際の布を目の前にしてみると、
変わってくるところもたくさんあったりする。
最初のイメージそのままに、完成まで至るものは、少ない。

おっと。
先のことを考えてる場合じゃない。
今目の前の割烹着、衿の部分が寂しいだろうから、
何かをプラスしたいんだけど。
どうしようかなぁ。
早く決めないと、作業がストップしちゃう~。sweat01

そういえば、今日は昔の友達の誕生日だったなぁ…。
あの頃は、あーで、こーで、……

思考はまた、他へ脱線し続ける。

ミシンの音は、軽快に、ダッダダダダ、ダダッダダッダダダダ

 

2009年4月18日 (土)

布が来た

090418

先日注文した布地が届いた。
一部はさっそく、水通しをして、竿に引っかかっている。

今回は、無地を中心に、色の組合わせ方で
品物を作っていこうという構想。

はやく、イメージを形にしてみたいな~♪
良いものができるといいんだけど。

 

2009年4月14日 (火)

セール商品追加しました

在庫処分コーナーに、商品を追加しました。

今回は、割烹着が、はじめて、SALEコーナーに登場。
かなりお買得ですよ♪

あとは、コースター、エコバッグなど、たっぷり9点を追加です。

090414

このコースターは、そのなかの、ひとつ。
新緑の季節に、ピッタリです。

 
それから、また、送料サービスもしちゃいますよ。
7,000円以上のご注文が対象になります。
この機会に、母の日のプレゼント用と、お子さん用とかご自分用の品物も
一緒にお選びいただくのも、楽しいのでは?
送り先が2ヶ所以上になっても、
一度のご注文が合わせて7,000円以上ならOK。
お届け先複数の場合は、そのうち送料負担のいちばん高い
送り先1ヶ所分について、サービスします。

こちらの期間は、5月末日まで。

 
詳細は、サイトのほうでチェックしてくださいね。 お待ちしてます!
雨の日工房 

 

2009年4月13日 (月)

デザイン画は面倒で

こども用のエプロンの形は、だいたい決まった。

次は、布の使い方や、使う色をどんなふうにしようかな、ってところ
なのだけれど、落書き帳ひろげて、あーでもない、こーでもない、
描いては×にし、描いては×にし、
同じような形を何度も描くのが面倒くさくなるのです。

そこで、もとになる形を1枚だけ描き、コピーするという方法を、
今ごろになって思いついたのでございます。

090413

あとは、塗り絵の要領で、色を塗ったり線を入れたり。
塗り方も雑だ…。あまりお見せできない。

でもこれ、ちょっと

ラク~~~~

なんでもっと早く思いつかなかったんだろう!

 

2009年4月 9日 (木)

こどもエプロン試作

このごろ作っていない、子供用のエプロン。

090409

前に作ったものとは違うパターンで作ろうと思い、
新たに製図しました。

やっぱり、まずは息子に試着させるので、140cmの原型を使って。
140ほどまで行くと、ほとんど大人用でもいいんじゃないの?
という気もしなくはないのですが、それでも20cmの差は大きいかな、
と思い、作ります。

息子もまだ130cmくらいだしね。
140じゃ、大きいはずなのですよ。
というわけで、表示としては140cmサイズだけど、
息子が今から着れる程度で、140超えてもまだ大丈夫かも、というのを
作りたい。

新聞紙に製図して、いらなくなったシーツを直に置いて、線をなぞり、
ダーッと切って、大きい針目でダーッと縫って。
私にしては、なかなかのスピードで、試作を作ってみました。

これから息子に着せてみて、調整します。

でもな…、本番用の布地がない。
仕入れなくては。
形は決まっても、使う布地や、その他の部分をどう作っていくか。
悩み多き、この工程。。。

こんなときの、逃避行動は、息子のシャツ作り~note
…いえ、ガーゼ生地ってのも、着るのは気持ちいいけど、扱うのはかなり、
消耗するんですよ~。down
とくに、チェック柄だから!

 

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »