2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月25日 (木)

ミシン部屋の友

ミシン部屋では、いつもラジオを聞いていますが、
たまに飽きてしまって、手持ちのCDを探してきて、流したりします。

新しいのはあまり買わなくなったので、
どれを選んでも、「ひとり懐メロ大会」みたいになります。

今日は、サンディ・ラム。

090624

なつかし~。

これを買ったのは、高校生の頃だったから、
もう、20年くらい前だよー。
(計算しなきゃよかったかな…)

むかし聴いた音楽、というものは、
その当時のことを思い出させて、良いような、悪いような。

良くも悪くも、そのときの自分の状態がよみがえってくるので、
悪い思い出のほうが濃い時期に聞いたCDは、なかなか聞くことができません。
好きなアーティストだし、好きな音楽だし、と、処分もできないまま。。。

さて、このときの林憶蓮のアルバムは、どっちだろうか、というと、
どっちもなんです。
ごちゃ混ぜ。

ある人を大好きな気持ちの時に聴いていたのだけど、
後に その人ともふるさととも離れて暮らした時にも聴いていた。
あんな気持ちで聞いてたんだよね~、とか、
悲しかったよなぁ、とか、泣いたよなぁ、とか、
そういうのがぐちゃぐちゃ。

なんかキュンとする感じと、
寂しかった気持ちもドッとかえってきて、
ちょっと、仕事のBGMには向かなかったかも?

でもね、久しぶりなのに、ところどころだけど一緒に歌っちゃえたわ。
広東語なのに、憶えてるもんだなぁ。
不正確だろうけど、誰が聞くでもないし、
間違いが分かる人などいないのをいいことに、
好きなように歌って、楽しかった。

 

2009年6月22日 (月)

新作エプロンUPしました

090622

日中、準備をして、新作をアップしました。

カフェエプロンを2種類です。

ツイルという生地は、好きでよく使っていますが、適度な厚みと丈夫さがありつつ、
やわらかいところがいいです。

 

詳細は、サイトのほうでチェックしてくださいね。 お待ちしています!
雨の日工房 

 

2009年6月18日 (木)

倹約息子

090617

ここ数日、テレビを見るときとか、寝る前とかに、チクチクやっているもの。

息子のズボンと、靴下です。

靴下のつま先に穴が開くと、
「穴が開いたから、縫って。」
と持ってくる。

「了解~!」
と言って、受けとるものの、面倒くさくて後回しにしてるうち、
履ける靴下が少なくなってきた。

それから、ズボン。
膝に穴が開いたから、
「縫って!」
と、持ってきた。
「これは気に入ってるから、すぐに縫って! 早くね!」
と言う。

え~~~~sad
傷んだところを直して使うのには大賛成だけど、
面倒くさいんだよね~。

と、ぼやいたら。

「だって! まだ着れるのに、もったいないじゃん!」
と、息子。
おっしゃるとおりでございます。

そこで、すぐに仕上げようとするとイヤになってイライラしてくるので、
数日かけて仕上げることを息子には納得してもらい、
それから早速、裏から当て布をして、チクチク縫っているのです。

途中で見てみたら、
なんか、膝のところに、昼の花火みたいな、目立たないけど見える
丸い縫い模様ができているよ。

自分が、繕いのあとが見える服などに抵抗があった子だったから、
「こんな感じになるよ、どう?」
と、恐るおそる息子に見せると、
「おかーさん、すげー! いいよ!」
と、まったく文句なし。それどころか、お褒めにあずかって。

うれしゅうございます。
母はもう少し頑張りますよ。

 

2009年6月16日 (火)

なつかぬ猫

ミシン部屋の作業に疲れると、庭を歩きます。

疲れなくても、目を使いすぎだし、座り作業ばっかりだしで、
意識して、時々、外に出るようにしています。

前に、我が家に居ついていた猫がいなくなってから、1年くらいして、
次の猫が、住み着くようになりました。

でもこの猫、私には全然なつかないのです。

090616

あ~、怖い顔…。

貢物を持たずに のぞきに行ったら、

シャーッ!

と威嚇されました。そして、この顔です。

寂しい。

 

2009年6月12日 (金)

別れても…好きな布

090612

カフェエプロンを仕上げた。

また、紐は結んだ。

無地と、前に使った布の残りを合わせた。
太いストライプで、色合いがとても気に入っている。
前のときは、この布を全体に使って、ストライプのエプロンにした。
色違いの布も、同じ形のエプロンにした。

とても好きなエプロンになった。

とくに私の好みに合った、そのエプロンたちは、
すぐに買い手がついて、ここを旅立っていった。

自分がとても好きと感じるものが、他の人にも好かれたのが、
嬉しかったものだ。

私のところには、ハギレと記憶と写真しか残っていないけど、
残った布地を見るたびに、好きな気持ちが湧いてきて、
この布と出会えてよかったなぁ~、と感じる。

この3種類のストライプ生地は、
今はもう小さなハギレになっていて、使いみちは限られるけれど、
手元に残すより、完全に使い切ってやりたいと思う。

これがたぶん、私の布地に対する最上級の「愛」なのだろうなぁ、と
ふと思った。
少しでも自分の手元に残したいと思うお気に入り布こそが、
自分にとっての最高だと思っていたが、残したいと思ってるようじゃぁ、
まだまだかもしれない。
愛し度は2番目、という感じかな。

 

2009年6月11日 (木)

糸を買った

090611

ミシン糸を買ってきた。

赤い糸は持っていたのだけど、微妙にその赤と違う布地。
その布地のために、ちょっとだけ違う赤を買った。

茶系、ベージュ系の布地も、いろいろ持っている。
同じ糸でいいように見えても、実際に糸を当ててみると、
少し違う糸がいいと感じることも多い。

そうやって、いろんな赤、いろんな茶色、いろんなベージュ、
いろんないろんな、色、いろ、イロ。
たくさん集まってしまった。

せっかくだから、きれいに並べて置けるような、箱とか棚とかが
欲しいなぁ。

 

2009年6月 5日 (金)

くす玉

H043

くす玉みたいな、チャイブの花。

葱坊主、と言ったらくさそうだし、簡単に「ぼんぼん」と呼ぶ。

 

茎が少し曲がったりして、それがまた、いい感じ。

細いガラス瓶に活けると、ちょっとモダン。

 

2009年6月 4日 (木)

ゆっくりな仕事

考え、考え、
エプロンを縫っています。

090603

置いてみたり、外してみたり。

色の配分を変えようかなぁ。

地味かなぁ。

……などなど。

 

2009年6月 2日 (火)

上向き

H042

つつじの花を 近くで見ると。

タンタンタン タンタンタン

ダンスしてるみたいな感じがするんだよ。

 

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »