2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月15日 (木)

中学生のサブバッグ

091013

中学生のお嬢さんに、と頼まれて作った、バッグです。

B4が入る大きさです。

木とどんぐりとリスのプリント生地があって、それを見てオーダーいただきました。
それに、濃い茶色の無地と、落ち着いたパープルのチェック地を組合わせて。
裏は、茶系の水玉生地。

おっと…。これは可愛い。
布地を決めたとき、なんともいえないワクワク感が来たのは、久しぶりかも。
これは、ブックカバーやポーチも欲しくなるなぁ。

中学生の頃の感覚は、すっかり忘れてしまった私ですが、
大人っぽく装いたくなったり、まだまだ可愛いものが大好きだったり、
大人と子どもの中間点を通過中の年代のことを思いながら、
作りました。
おかげで、少々気持ちが若返ったかしら???

 

2009年10月10日 (土)

バッグインバッグ

091005

9月から10月の間の約1ヶ月間、短期の仕事に行っているんですが、
そこで一緒の人に頼まれて作りました。

サイズ、デザインは、ご指定いただいて、表地も用意していただいたので、
作るために悩む時間が少なくて、助かりました。

私は、バッグの中にバッグを入れるのは、したことないので、
「すべて任せた!」なんか言われると、
本当にどうしていいか分からなくて、大変なことになっただろうと思う。

周囲ぐるりと、ポケットをつけて、細かく仕切ったデザインでした。
作り方については任せていただいたので、
接着キルト芯を貼ったり、底には中厚の芯を貼ったりして、
クタッとならないように、ある程度しっかりさせるようにしました。
裏地は、うすいカラシ色地に白の細かい水玉。
紺系で合わせなかったところが、なんか好評だったようで、ヤッタ!です。

でも、他の人のイメージしたものを形にするって、緊張しますね~。
気に入ったかどうかは、相手にしか判断できないんですもの。
ドキドキします。
満足してもらえるように、すごくすごく、その人のことを考えて、
思い浮かべながら、作ります。

 

2009年10月 5日 (月)

イチジクを煮てみた

091004

イチジクには とんと興味のなかった私ですが。

同級生の家で栽培しているイチジクを、直売していただく機会があり、
私のところにもまわってきた数個が、こうなりました。

生食派が多いと思われるものも、火を通して食べるほうが好きだったりします。
トマトとか、レタスとか。

とりあえず、煮ることは決めたんだけど、レシピがない。
ネットで調べて、良さそうなものを試してみることにしました。

『みんなのきょうの料理』より「いちじくのコンポート」

ものすごくワイン色なのは、しっかりと煮たから、かな。
ワインの量を勝手に増やしたからではありません!笑

3種類のスパイスを入れることになってるんだけど、
八角の香りが、私にはちょっと邪魔になりました。
香りがきついだろうと思って、レシピより減らして入れてみたんだけど、
まだまだキツかった。

でもこれで、なんとなく感じが分かったので、
次回は自分流でやってみたい。

 

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »