2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月27日 (土)

赤が効いてるエプロン

こちらは、くたっとした麻のエプロン。

耳の、くすんだ感じの赤い色がポイントになります。
こんな、落ち着いた赤が好きです。
気がつけば、バッグもケイタイも、深い赤色だったりします。
息子も、「かあちゃんといえば、こういう赤だ」と言うくらい、イメージカラー化したようです。

さて、エプロンの話。

130427

紐は、耳の赤色に合わせて、赤い色にしたかった。
赤は赤でも、いろんなトーンがあって、手持ちの織りテープでは鮮やかすぎて調和しない。
もっと深い赤…と探して入手した、ワインレッドのような、赤。
色の合う・合わない、って、案外ちょっとした違いだったりする。

麻の生地の色合にも耳の色合いにも、ちょうど馴染む色が見つかってよかった。

赤って、なんだか元気で意欲的な色。
悲しかったり寂しかったり落ち込んだりしているときには、あまり選ばない色。
というより、選ぶことができない色。
「よしっ、頑張るぞ!」っていうような時に、身につけたくなる。
鮮やかすぎると、元気が過ぎて、空回りしてしまいそう。(私の場合ね)
ちょっと渋めに落ち着いたトーンの赤、が、
気持ちの暴走を抑えつつ気分を上げるup感じがします。(私の場合ですが)

 
 

2013年4月26日 (金)

チェックのエプロン

新作のエプロンをお店に出しましたsign01

今日ご紹介するのは、紺地のチェックで作ったエプロンです。

130426

平織りの木綿ですが、織り目が詰まっていて、張りのあるしっかりした布地です。

丈夫そうです。

ざっくりした織りの布地だと、尖ったものなどにうっかり引っ掛けてしまったり…
ということもありえますが、
この布地は、細く尖ったものからの攻撃にも涼しい顔でサラリとかわしてしまいそうな、
頼もしさがあります。

このエプロンは男女兼用サイズで、丈も長めになっています。

同じ布地で、カフェエプロンも出していますので、お好きなタイプをどうぞ。

 

2013年4月25日 (木)

麻の葉エプロン

新作を出す準備をしています。

今日はエプロンを撮影しました。

130425

一足お先にご紹介するのは、紐もボタンもない、かぶるだけのエプロン。

黒にグレーの麻の葉模様の布地と、無地とを合わせた、
和風モダンな感じの一品です。

左右非対称なので、布地を一枚ずつ裁断します。
なんか、すごく考えながら縫い合わせています。間違えそうですsweat01

出来上がったものをいじっていても、ねじれてしまうと
どうしたら表になるのか、自分でも時々、混乱します。

そんな時には、落ち着いて裾のほうから攻めてみてください。
解決しやすい気がします。coldsweats01

 

2013年4月14日 (日)

切り絵

月に1回、切り絵の教室に通っています。
正式には、中国剪紙研究会という。切り絵、ではなくて、切り紙、だそうだ。

作品をほとんど切り進めないまま次回の教室に行っても怒られない、ゆるめのサークル。

それでも時々、作品展の締め切りが設定されたりして、
わーーーーっと切るときがある。

今が、それ。

やっと切った。

130414

図案を見るなり、「私は切りたくないです」と言い放ってしまったこの絵が、
先生が私に切らせようと選んでくださっていたものだったcoldsweats01

絵はシンプルで、なかなか切ってこない生徒にはちょうどいい程度。
でも四角ばかり切り続けるのは、飽きる。

実際、細かい四角ばかりを切り抜くのは、苦行であった。

この絵は、夏の強い日差しを感じる。
そういうイメージで台紙の色も選んだ。強い光と暑い感じを出したい。
パステルで色をのせて、軽くグラデーションにしてみたい。

出来上がりを見せたときのみんなの反応はどうかな。楽しみだ。

 

2013年4月12日 (金)

トランクス 進化版

息子にトランクスを作った。

何年か前に作ったときには、こども用だったけれど、
今はもう、大人と同じサイズだ。

前に開きがほしい、とのことだったので、ちゃんと開きのあるものにした。
トランクスゴムなるものが売っているのを発見したので入手して使ってみたら。

130411

買ったのみたい~~~happy02

楽しくなって、次々に作った。

でも、息子には「派手すぎる…」と言われた。

でもせっかくだから、はいてくれ。

« 2012年5月 | トップページ | 2013年5月 »