2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

Tシャツを作る

気に入ったTシャツやカットソーを手に入れたくて、
ニット生地をたくさん買い込んでしまった。

前身頃がずり上がってきたり、前裾が跳ね上がってしまったり、
衿ぐりのあきが狭くて、苦しそうな見た目になってしまったり、
なんというのか、着た感じがきれいに見えるものに出会えないでいたのだ。

だからって、衿ぐりの広いものを選んでも、
「衿が伸びちゃったの?」みたいな感じにしか見えなかったり…。
実際伸びちゃって、「見えそう?」な、あまり品のよろしくない感じになっちゃったり。

「これなら!」というパターンを見つけて、作ってしまえたらいいなと思った。

130526

布はたくさんあるし、失敗してもいいや、と思い切って作ってみた。

手前のものは、2年ほど前に作ったものと同じパターンを少し変えたもので、
ほぼ間違いない(はずだった)もの。
仕上がってから一度洗濯してみたら、ちょっと縮んだかな。
かなりピタッとしたものになってしまった。
以前作ったものは縦に縮んで横に伸びた感じがしたので、今回は縦縮みを警戒したが、
今回のは横にキュッと締まったみたいだ。
衿ぐりのあき具合も、私の狙ったものより少し狭い感じになってしまった。

奥のものは、洋裁雑誌を参考に、自分の体型に合う(と思われる)ように製図したもの。
衿ぐりのラインは、かなりいい。
胸元が広すぎないので仕事用に着ても問題なさそう。
ゆとりがありすぎるのはイヤだと思って、身幅を広くしないようにしたけど、ちょっとピッタリしすぎていた。
この生地も、横に縮むタイプだったのかなぁ。
いつぞや流行った、チビT、だっけ? ピタTだっけ? みたい。
少々、苦しいぞ…coldsweats01

縦に縮むか、横に縮むか。
こればっかりは、生地の性質を見抜く目を鍛えないといけないなぁ。

パターン直して、また作ろう~sign01

 

2013年5月14日 (火)

たけのこと鶏肉の中華風煮

たけのこが出てきた。

たくさんありすぎて、食べ方に困ることもある。

先日、思いつきで鶏肉と一緒に中華風に煮てみた。
美味しかったらしい。
「また作って」と、母に言われて、今日も作った。

130514

濃いめのだしつゆで、たけのこを先に煮て味を入れてから、
干ししいたけと、五香粉を揉みこんでフライパンで表面を焼いた鶏肉を加えて煮る。
ごま油をちょっとたらす。

そんな感じ。

 

彩りに絹さやでも添えたいところだったが、まだ収穫できる時期じゃない。
チャイブの葉でもよかったかな。早く思いつけばよかった。

 

2013年5月 4日 (土)

ラッピング

この時期、ご注文いただいたエプロンや割烹着を、
プレゼント用にラッピングしてお送りすることが多くなります。

年間とおしてラッピングのご要望はあるのですが、
母の日前が、やっぱり多めです。

ギフトボックスに入れてペーパーラフィアを結んだだけの、
そんなに凝っていないラッピングだけれど、
包む商品に合わせて、箱やリボンの色を決めています。

130504a

130504b

130504c

リボンも、3色必要だと思ったり、2色がちょうどと思ったり、
シールがないと寂しいと思ったり、ないほうがしっくり、と思ったり、
私の感覚なんですが、中身によって、違ってきます。

ご注文くださった方がイメージする「こんなふうに贈りたいな」というものに
少しでも近いといいなと思いながら、包みます。
どなたに、何の贈り物か、という情報も頂くと、それも考え合わせますが、
お客さまが選ばれた商品が、いちばんのヒントになっています。

贈られた方が、いちばん最初に目にするのが、ラッピング。
プレゼントの第一印象を担っているようなものなので、
贈り主さまのセンスの良さを引き立てるものでなくては! と心がけつつ、
リボンの色選びなど、すごく楽しんじゃってますhappy01

 

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »