2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

« ミシン部屋の窓 | トップページ | 梅酒を漬ける »

2013年7月 5日 (金)

三つ巻き押さえ、手なずけたかも!?

ミシンには、縫い方や目的に合わせていろいろな押さえ金があるのですが、
布端を細く三つ折りにして縫うことができるのが、「三つ巻き押さえ」。

アイロンで折り目をつける手間がかからず、便利なものです。

でも。
使いこなすのはなかなか難しい。
縫い始めが、なかなかきれいにできないのですよsweat01

クレヨン染めの素材として、無地のハンカチを
少しまとまった数作って納めることになったのだけれど、
角をきれいに縫うことができない。
アイロンで折ってから縫うほうがきれいにできるかなぁ…と諦めかけたけれど、
30枚もそんなことするの、ヤダsign03

今日は、それをどう解決するか、研究しました。

そして、方法を見つけましたーhappy02

130705

これまで私は、最初の一辺を縫って、次にその縫い終わりの角を押さえ金に通そうとして、苦労してたんです。
右回りに一周しようとしていた。
すでに三つ折りになったところを、きれいに三つ折りにするのは、すごく難しい。
1枚につき3回、その苦労をして時間を使うのに、失敗率は高い。

それを、縫い始めにすべて、まだ三つ折りしていない部分をもってくることで、
三つ折りになったところから縫い始めるのは、1枚につき1回で済むことになる。
直前の辺の縫い始めのところを、次に縫う辺の縫い終わりにすればいいのだ。

角は少し切っておくと縫いやすいのだけれど、
最初は、ひとつの角だけ切っておきます。
切った角に向かって、最初の一辺を縫い、
縫い初めの角をちょっとだけ切って、切った角に向かって次の一辺を縫う。

このやり方を発見したら、ずいぶんラクになりました。

本番を製作するまで、何日か置くことになると思うので、
今日見つけた方法を忘れないように、
ハギレに縫う方向と順番を書き、最初に落とす角を切って、とっておこう。

これで、三つ巻き押さえに対する苦手意識が、だいぶなくなりました~note

 

« ミシン部屋の窓 | トップページ | 梅酒を漬ける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミシン部屋の窓 | トップページ | 梅酒を漬ける »