2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月27日 (月)

ハイネックのカットソー

顔が大きく太って見える気がして、
ここ数年、ハイネック、タートルネックなど首のある服を排除していた私。

首元があいた服ばかりだと、どうも重ね着が映えない。
どうやら着こなしの幅が狭まるらしい、と気づいた。

首まわりがゆったりしているものなら、ハイネックもいいかも、と、
買ったまま眠っていたニット生地を掘り出してきて作ってみた。

140127a
製図はミセスのスタイルブック 2012.秋冬号。

襟の高さが左右で違えてあって、少しずらしてとめつけることで
ねじれを出しているデザイン。

とくにニット生地を扱うときに感じるのだが、
家庭用ミシンでは「いかにも作った感」というものが
裏にキョーレツに出ますdespair
布1枚での裁ち目かがりがきれいにできないので、
袖口や裾の始末が満足いくものにならない。
三つ折りで縫って始末…も、ニット生地はけっこうやりにくい。
厚みが出てスッキリ仕上がらないし。

人から見えるのは表なのだから、表がきれいに仕上がっていれば
問題ないのだけれど、なんとも残念な気分。

ところが今回、ロックミシンで始末した風に見える縫い模様を発見!
袖口と裾部分に使ってみました。

140127b

裁ち目かがりと裾縫いが同時にできたので、仕上がりスッキリshine

でもね…
ロックミシンのカバーステッチって、裏面はこんな縫い目でも
表は2本の直線ステッチになってるんだよね。

…裏?
みたいな出来上がりになってしまっているのかなぁ。

飾り縫い、ってことでいいか。

 

2014年1月21日 (火)

今日の花の色

買い物に出かけたとき、花売り場があると、さっと見る。

花を飾る暮らし、できればしていたいなと思って。

今日ははじめ、あまり花を買う気が起らなかったのだけれど、
ほかの買い物を済ませてお店を出るときに、
パッと見えたブーケに私の気持ちが反応してしまった。

140121b 140121a
思い切って茎を短く切り、小さな器に活けた。 一輪挿しにも、少し分けて飾る。

今日は珍しく、黄色一色でまとめられたものに気がとまり、結局一束買ってきた。

黄色ばかりのブーケに心惹かれたのは初めてだなぁ。
どんな心理状態だったのだろうか。

 

2014年1月20日 (月)

Vネックのエプロン

だいぶ前の雑誌に作り方が載っていたエプロンが可愛いなと思っていて、どんなものか作ってみたかったんだ。
そのページだけ切り取って保管しておいてたんだけど、何年たったかしら。
やっと作った。

140120a 140120b

身につけた感じは、なかなかいい。

が、縫うのがちょっと大変だったな。
シンプルな形だけれど、ネックラインのV字が鋭いため、角部分の縫い代の始末にものすごく苦労した。
それから、布地の重なりが多くなる部分は、載っていた作り方どおりにはとても縫えるもんじゃなく。。。

もう一枚作るとしたら、襟部分のデザインを作りやすいように変更して、縫い方も変えよう。

まぁ…作らないかもしれないけど。

 

2014年1月 9日 (木)

大雪…なの?

灯油を入れに外に出たとき、なんとなく眺めていた木の枝に発見。

カマキリの卵。

140109

これがね、見上げる高さにくっついていたのです。

よく、カマキリの卵のついている高さで積雪の予想をする、って聞くけど、
だとすると、今冬の雪は私の背の高さほどになるってことだろうか。。。

珍しく雪のないお正月で、雪なんて忘れかけていたけれど、
これから、ドカッ!と降るときがくる、ということか。

うぅ~~~、どうなるんだろう~bearing

2014年1月 4日 (土)

お刺身、変わり身

息子 作。

140104a

これも、息子の作。

140104b

どうやら、刺身を加工するのが楽しいようです。

竹串に刺してガスの火で炙り、それらしく格好をつけて
皿に盛りつける。

上はサーモン、下はブリ。

先日私が留守にしていた時に一度作ったそうで、
帰宅後に「ぜひ食べてみろ」と言われたのだけど、
その時はお腹がいっぱいで食べられなかった。
それでまた、作ってくれたのかもしれない。

美味しくいただきました。

 

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »