2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

手づくりメモ

2019年2月17日 (日)

ミシン作業用エプロン

何年も前から欲しいと思っていた、
ミシン仕事をするときに使うためのエプロンを、とうとう作りました!
 
190217
 
エプロンや服などの、長いところを縫うときに、待ち針を打った布が腿に乗るのですが、
そのとき、待ち針がチクチクと腿に当たることがあります。
たいした痛さじゃないのですが、痛いのですよ。(笑)
 
針を通しにくい硬い生地のエプロンがあれば、
腿に当たる針に怯えないで作業ができるなと思っていたのですが、
作るのは後回し後回しになり。。。
 
簡単な形だし、実際に作り始めたら、すぐに出来るのにね。
 
硬さのあるしっかりと目の詰まった生地を使ったので、
太い針を使って、ミシンには少し頑張ってもらいました。
 
さっそく使ってみると、
硬めの布を腰に巻くので、着け心地のよさとか動きやすさとかは少し制限がありますが、
膝までカバーしていて、待ち針のツンツンから、太腿と膝までしっかりと守ってくれます。
作業中の安心感が、全然違います。
 
思いついたときに最優先で作ればよかった~。
 

2019年2月10日 (日)

枕カバーとクッションカバー

久しぶりの手作りは、自分のための枕カバーとクッションカバー。
 
190210
 
やっと、布団カバーといまひとつ合わないと思いながら使っていた古いものと交換できました。
直線で裁ってまっすぐ縫うだけで簡単なので、手慣らしにちょうどいい。
洗い替え用も一気に作ってしまいました。
 
奥のクッションカバーは、ただの無地ではちょっとつまらないので、
よく見えないけれど、ピンタックを入れてあります。
手前にたたんであるのは同じ作りの、枕カバー。
実は、前開き割烹着を作ったダンガリーの端切れです。
 
真ん中のは、綿麻の無地。中途半端にあったレースが、ちょうど縦の幅ひとつ分あったので、
使い切ってスッキリでした。
これは、枕の幅+20cmくらいの布を2枚裁って、はぎ目にレースをはさんで縫います。
上下を縫うときに、レースの位置がちょうどいいあたりに出るようにずらして折りたたむと、
後ろで枕を入れる口の部分の重なりも勝手にできてくるという、楽ちんな作り方です♪
手前にあるのは同じ布、違うレースを使ってクッションカバー。
 
無地だけでは寂しいので、バラのプリント生地のカバーもひとつ加えました。
 
寝る前の読書タイムが楽しくなりそうです(* ̄ー ̄*)
 

2018年5月13日 (日)

お弁当袋

息子のお弁当用の袋を作りました。
お弁当箱に合わせて、1段用と2段用の2種類。

180513

ハギレをあれこれ組み合わせて、爽やかなブルー系でまとめてみました。

保冷シートを内袋にして、これからの季節に備えます。

2017年8月21日 (月)

花火のグラニーバッグ

懐かしの生地シリーズ(?)みたいになっていますが、
7年前に作ったエプロンの残り布で、気楽に作れる・持てる、バッグを作りました。

「花火のエプロン」という作品で使った布地。
縦横に織り線の入った、和風の布でした。
これもお気に入りで、使い切りたいと大事に保管していた布です。

使った布、作ったエプロン、けっこう覚えているものです。

170821

これは、幅が40cmくらい、高さが25cmくらい。
先日のグラニーバッグより大きめです。
ちょっとだけ買いたいときの、ショッピングバッグにいいかな、という感じ。

勤めていた頃、お弁当の材料をちょっとだけ買って帰ろうというときに、
買物袋として小さすぎるか大きすぎるバッグしか持っていなくて、
不便に感じたことがありました。

どのくらい買うかわからない買い物のために、何種類も買い物袋を持ち歩くなんて、
荷物が増えるばかりでアホらしいと思うけど、それでも、大・中・小、あるといいなぁ、と
思っていました。

ちょうどこんなサイズ、よさそうだったな。

内布は、細かい赤のギンガムチェック。

 

2017年8月15日 (火)

花柄のグラニーバッグ

雨の日工房の、ごく初期の頃に作った割烹着の残り布で、ミニバッグを作りました。

お気に入りの布だったので、少ししか残っていなかったけれど、大事にとっておいた。

170815a

3年前に、違う布で同じものを作っていました。→グラニーバッグ

縁取りの幅を、前より少~しだけ細めにしてみました。
ほんの1ミリほど違うだけで、かなり縫いやすくなった気がします。
まぁ、作るのが2回目だから、ってのもあるのかな(^^;)


2016年4月24日 (日)

ランチタイムの友

息子と自分のお弁当を作る毎日。

お弁当まわりの布物を作りました。

160424

息子にはお弁当を包む布を、私にはお弁当を広げるときに敷くマットを。

2~3年前に三つ巻き押さえで4辺を縫うやり方を見つけた、その時の記事(→こちら)を見て復習し、今回はサッと縫い上げました♪

ご飯の柄の布が、もうほんとに「ご飯食べます!」って感じで、ランチタイムが楽しくなりそう。

2015年5月 9日 (土)

お弁当入れ

息子のお弁当を入れて持って行くバッグが、なかなか気に入ったものに出会えなくて、
今は間に合わせで、何か持たせている、という状態。

とくにこれからの季節、裏に保冷シートがついているものが欲しいのだけど、
男子高校生が持つのにちょうどいい感じのものがなかなかない。

これまた間に合わせで、とりあえず、保冷シートがついたお弁当箱を包めるもの、を
作ってみました。

150508


百均で銀色のシートを買ってきて内袋に、前にエプロンを作ったハギレを表に使い、
底のマチを広めにとった 袋状の簡単な形のもの。
1段の弁当箱にも、2段のものにも対応可能なように、高さをきっちり決めず、
口を折り曲げて底に縫い付けた紐を上に渡して結ぶようにしました。

持ち手は付けていないので、これをバッグに入れることになります。
食べるときには、出して、出して、
食べ終わったら、入れて、入れて。
面倒くさいけど。

いつか、バッグを見つけるか作るか、するつもりですが。。。

 

2014年10月25日 (土)

格子柄のシャツ

久しぶりにシャツを作りました。

勤め先を変えて、ちょっときちんとした格好が必要な職場になったから。

3カ月ほど、手元にあるものをどうにかやりくりして様子を見ていたのだけれど、
スカートより、パンツスタイルのほうが働きやすいかな~という感じ。
そうして、どうやら、裾を出して着てもだらしなく見えないような、短めの丈のシャツが使えるみたいだとわかった。

141025


お店を見ても、布地の感じ、デザイン、価格、縫製、なんかが、ピッタリくるものがなくて、
息子にシャツを作ってやろうと思って買っておいた布地なのだけど、自分用にして作っちゃった。

パターンを見た感じ、細見なデザインだったので、ストレッチブロードが、試すにはちょうどよかった。

白いシャツも清潔感があっていいけれど、
薄いベージュのパンツに合わせるには、しっかり色のあるトップスも、いい。

 

2014年8月 6日 (水)

また、ミサンガ

同時進行で結んだ2本目。

これも過去に作ったことがある結び方です。

→ ミサンガ作り(その2)

この時は段染めの糸を使ったので、糸のとり方のコツを書きました。

今回は、糸を2色使って。

140806a

真ん中に、ポツポツとドットが出ます。

同系色なので、あまり目立ちませんでしたが。。。

これ、3色使うと、バラバラな感じになって、あまりきれいじゃないんです。

140806b

真ん中2本を違う色にします。

 

色の選び方や組合せ方で感じが変わるから、いろいろ試したくなってしまいますね~(*^^*)

 

2014年7月28日 (月)

久しぶり、ミサンガ

数年ぶりに、また急に結びたくなりまして。

刺繍糸を出してきて、ミサンガ作りです。

前に作ったときには、けっこう鮮やかな色を使っていたんだけど、
今回は、濃い渋めの色で作りたい気分。

→ ミサンガ作り

結び方は以前のものと同じで、色を変えています。

どの色を使うかっていうのが、楽しく難しく…。

140727a

今回最初は、こんな色で。

外側はブラウンがかった濃いグレー、その内側が麻の生成みたいな色、
真ん中がくすんだワイン色、というような。

140727b
糸の並べ方はこんなです。 
 

結びながら、こんな色で作りたいな、この色の組み合わせはどうかな、って、
次々に試してみたいものが浮かんできて、ひとつに集中できないのです。。。(^-^;

数段結んだところで、次のものに手を着ける。
その途中でまた何か思いつき、3つめに手を着ける。

気がつくと、同時進行で2本、3本やっていたりするんですよね~。

で、作れば満足だから、使わないことが多い。(笑)