2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お店はこちらです

  • 雨の日工房
    エプロンや割烹着はこちらのサイトで販売しています。 よろしければ ぜひいらしてくださいね!
フォト
無料ブログはココログ

手づくりメモ

2016年4月24日 (日)

ランチタイムの友

息子と自分のお弁当を作る毎日。

お弁当まわりの布物を作りました。

160424

息子にはお弁当を包む布を、私にはお弁当を広げるときに敷くマットを。

2~3年前に三つ巻き押さえで4辺を縫うやり方を見つけた、その時の記事(→こちら)を見て復習し、今回はサッと縫い上げました♪

ご飯の柄の布が、もうほんとに「ご飯食べます!」って感じで、ランチタイムが楽しくなりそう。

2015年5月 9日 (土)

お弁当入れ

息子のお弁当を入れて持って行くバッグが、なかなか気に入ったものに出会えなくて、
今は間に合わせで、何か持たせている、という状態。

とくにこれからの季節、裏に保冷シートがついているものが欲しいのだけど、
男子高校生が持つのにちょうどいい感じのものがなかなかない。

これまた間に合わせで、とりあえず、保冷シートがついたお弁当箱を包めるもの、を
作ってみました。

150508


百均で銀色のシートを買ってきて内袋に、前にエプロンを作ったハギレを表に使い、
底のマチを広めにとった 袋状の簡単な形のもの。
1段の弁当箱にも、2段のものにも対応可能なように、高さをきっちり決めず、
口を折り曲げて底に縫い付けた紐を上に渡して結ぶようにしました。

持ち手は付けていないので、これをバッグに入れることになります。
食べるときには、出して、出して、
食べ終わったら、入れて、入れて。
面倒くさいけど。

いつか、バッグを見つけるか作るか、するつもりですが。。。

 

2014年10月25日 (土)

格子柄のシャツ

久しぶりにシャツを作りました。

勤め先を変えて、ちょっときちんとした格好が必要な職場になったから。

3カ月ほど、手元にあるものをどうにかやりくりして様子を見ていたのだけれど、
スカートより、パンツスタイルのほうが働きやすいかな~という感じ。
そうして、どうやら、裾を出して着てもだらしなく見えないような、短めの丈のシャツが使えるみたいだとわかった。

141025


お店を見ても、布地の感じ、デザイン、価格、縫製、なんかが、ピッタリくるものがなくて、
息子にシャツを作ってやろうと思って買っておいた布地なのだけど、自分用にして作っちゃった。

パターンを見た感じ、細見なデザインだったので、ストレッチブロードが、試すにはちょうどよかった。

白いシャツも清潔感があっていいけれど、
薄いベージュのパンツに合わせるには、しっかり色のあるトップスも、いい。

 

2014年8月 6日 (水)

また、ミサンガ

同時進行で結んだ2本目。

これも過去に作ったことがある結び方です。

→ ミサンガ作り(その2)

この時は段染めの糸を使ったので、糸のとり方のコツを書きました。

今回は、糸を2色使って。

140806a

真ん中に、ポツポツとドットが出ます。

同系色なので、あまり目立ちませんでしたが。。。

これ、3色使うと、バラバラな感じになって、あまりきれいじゃないんです。

140806b

真ん中2本を違う色にします。

 

色の選び方や組合せ方で感じが変わるから、いろいろ試したくなってしまいますね~(*^^*)

 

2014年7月28日 (月)

久しぶり、ミサンガ

数年ぶりに、また急に結びたくなりまして。

刺繍糸を出してきて、ミサンガ作りです。

前に作ったときには、けっこう鮮やかな色を使っていたんだけど、
今回は、濃い渋めの色で作りたい気分。

→ ミサンガ作り

結び方は以前のものと同じで、色を変えています。

どの色を使うかっていうのが、楽しく難しく…。

140727a

今回最初は、こんな色で。

外側はブラウンがかった濃いグレー、その内側が麻の生成みたいな色、
真ん中がくすんだワイン色、というような。

140727b
糸の並べ方はこんなです。 
 

結びながら、こんな色で作りたいな、この色の組み合わせはどうかな、って、
次々に試してみたいものが浮かんできて、ひとつに集中できないのです。。。(^-^;

数段結んだところで、次のものに手を着ける。
その途中でまた何か思いつき、3つめに手を着ける。

気がつくと、同時進行で2本、3本やっていたりするんですよね~。

で、作れば満足だから、使わないことが多い。(笑)

 

2014年7月10日 (木)

タンクトップを改良する

去年作ったタンクトップが、今年は今から活躍しています。

タンクトップ2種

でもちょっと…、たるませて着るところが、いまひとつ。。。

で、今日ちょちょっと手を加えました。

140710a

改良前。
パターンの左脇線を何本かの線で切り開いて、クククッと広げると、
こんなカーブの身頃が出来上がります。

着ると、腰のところで裾が引っかかり、左側にたるみがでる仕掛け。
でも、もう少しドレープがきれいに出たらいいのにな…という感じなので、、、

 

140710b

改良後。

脇の縫い代部分に、ゴムテープを伸ばしながら縫い付けて、
ギャザーが寄るようにしました。

着ると、今までは下のほうにドテッと溜まっていた生地のたるみが、
だいぶ上のほうから均等に入るようになって、見た感じも良くなりました♪

さらに着る頻度が上がりそう。

2014年7月 4日 (金)

グラニーバッグ

ハギレの利用法を考えていて、手始めに小さなグラニーバッグを作ってみました。

140704

財布とハンカチ・ティッシュが入ればいっぱい、というくらいの小ささ。

布を買ったときに布屋さんが付けてくれたレシピがあったので、
まずはその教えに忠実に作ってみた。

手作り歴の長い私ですが、このタイプのバッグを作るのは初めてなのです。

持ち手と口布を兼ねた布が、カーブの部分で美しくおさまらないんじゃないかな、
と思うから、作っても満足できない気がして。

やっぱり、へんな浮きが出る。

でも、形は可愛いんですよね~~~。
そして、けっこう簡単に、短時間でできる。

縁取り布をバイアスにしたら、きれいにいくだろうけれど、
持ち手部分が重みで伸びてしまうのは、私は気に入らない。

縁取りと持ち手が一続きの布だというのが、この形のバッグのいいところなんだろうな、
という気もするので、そのポイントは変えないで、形の可愛らしさを損ねることなく、
美しく仕上げるとしたら?

私なら、どうするかな~。
 って、考えてみたりします。

 

2014年6月28日 (土)

巾着に入れたもの

巾着を児童館にプレゼントしてきました。

入れたいものは、ちゃんと入った~。よかった。

140628


入れたものは、だるま落としと、けん玉。

ありあわせの袋に入れていた だるま落としは、
木槌が袋に収まりきらず、抜け落ちたりして片付けにくく扱いにくかった。

けん玉は、複数を一緒に入れておくと紐が絡まり、面倒なことになる。
これも一つずつに分けるために、ありあわせの小さい袋を使っていて、
出し入れが非常にしにくいものだった。

これで「きちんと片づけなさい」と子どもに言うのは、酷というものだ、と思って見ていた。

片付けしやすい状態をつくってあげたかったのでした。

 

2014年6月26日 (木)

巾着できた!

先日裁断した巾着が、出来上がりました。

140626

長いものひとつ、広いもの4つ。

あげようと思っているところへ次に行くときに持っていこうと思っているのだけど、
入れる物がちゃんと入るかなぁ。

入らなかったら、かっこ悪いなぁ…。

 

2014年1月27日 (月)

ハイネックのカットソー

顔が大きく太って見える気がして、
ここ数年、ハイネック、タートルネックなど首のある服を排除していた私。

首元があいた服ばかりだと、どうも重ね着が映えない。
どうやら着こなしの幅が狭まるらしい、と気づいた。

首まわりがゆったりしているものなら、ハイネックもいいかも、と、
買ったまま眠っていたニット生地を掘り出してきて作ってみた。

140127a
製図はミセスのスタイルブック 2012.秋冬号。

襟の高さが左右で違えてあって、少しずらしてとめつけることで
ねじれを出しているデザイン。

とくにニット生地を扱うときに感じるのだが、
家庭用ミシンでは「いかにも作った感」というものが
裏にキョーレツに出ますdespair
布1枚での裁ち目かがりがきれいにできないので、
袖口や裾の始末が満足いくものにならない。
三つ折りで縫って始末…も、ニット生地はけっこうやりにくい。
厚みが出てスッキリ仕上がらないし。

人から見えるのは表なのだから、表がきれいに仕上がっていれば
問題ないのだけれど、なんとも残念な気分。

ところが今回、ロックミシンで始末した風に見える縫い模様を発見!
袖口と裾部分に使ってみました。

140127b

裁ち目かがりと裾縫いが同時にできたので、仕上がりスッキリshine

でもね…
ロックミシンのカバーステッチって、裏面はこんな縫い目でも
表は2本の直線ステッチになってるんだよね。

…裏?
みたいな出来上がりになってしまっているのかなぁ。

飾り縫い、ってことでいいか。