2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お店はこちらです

フォト
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

楽し~い! 財布づくり

2~3年前から、財布を新調したいと思っています。
でも、「よし買おう!」と思えるものにいまだ出会わず、とうとう選択肢に
「自分で作る」という項目まで入ってきてしまいました。

というのは、この本を知ったから。

レザーのおサイフ―一枚の絵を描くように身近な風景をモチーフにおサイフを作ろう Book レザーのおサイフ―一枚の絵を描くように身近な風景をモチーフにおサイフを作ろう

著者:秋山 祐子
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

===============

図書館でなんとなく借りたのが最初だったのだけど、
アップリケや刺繍でつくられた、絵本の世界のような図案が好きになったのかなぁ~。
急に、作ってみたいって気になったのです。

買う財布ならば、色重視で、ごくシンプルなものを探していて、
当然アップリケのなんか欲しいとも思わないし、
小銭入れはどうしてもがま口が欲しい、という自分の中の基準があったのだけど、
「作るとなったら、こんなのもいいなぁ~
となるから、不思議。
がま口という第一の条件をいとも簡単に放棄した。
まったく、自分の好みやこだわりなど、アテにならんもんだ……

いざ、作ってみようかとなると、レザーは今まで扱ったことがないので、
まずは材料や道具集めから。
ホームセンターのインテリアコーナーで、たまたま合皮のカット売りを見つけて、
本皮よりは惜しげなく使え、失敗もできるだろうと、数色買い込んできた。
(だいたい、このへんじゃぁ、本皮を売ってる店がないんじゃないかなぁ)
合皮だと、道具は専用のものじゃなくても大丈夫そうだし、
ほんとに気軽な、お試し作りのつもりで、始めてみましたよ。

081128

た、たのしぃ~~~

アップリケって、楽しいものだわね。
今回は、本のそのままを真似して作ってみるけれど、これはぜひ、
自分でデザインした図案で、サイフを作って持ち歩きたいぞ。

 

2008年11月20日 (木)

布ナプとライナー

ハギレ処理のために、布ナプキンを作りました。

081120

以前に作ったものがくたびれてきたのもあるし、ハギレが増え続けてるのもあるし、
使いながら思いついた改良点を試したいのもあるし。

後ろ側の広がりが、着けているとしょっちゅう折れ曲がってしまうのが邪魔で、
少し削りました。
それから、別パッドを付けて使うようになっていた仕様を、私は使わないので、
パッドになる部分を内臓しちゃうことに。

あと、ライナーとして毎日使うのもいいかな、と思って、
小さくした型紙も作って、試作。

コソコソ話(のつもり)だけど、
じつは、一度、とある通販で買って、使ってみているんですが、
ふちが全部ロックミシンで始末してあるところや、
前の印についてるレースのほつれてくるところなどが好きになれなくて、
やっぱり面倒がらずに自分で作ろう…
ということにしたんです。

作ってみて、様子は満足です。あとは使ってみて、どうかな。
楽しみ~♪

これも商品にできたら、ハギレを無駄にすることも少なくなるなぁ。
などと考えながら、作業してました。

エプロンや割烹着ばかり作っていると、ハンパな布が多く出ますが、
布を無駄なく使えるように、ハンパ布の利用方法も考えなくちゃだな、と思います。

 

2008年11月14日 (金)

ゆたんぽ

今日はついに、湯たんぽを出しました。

私の場合、湯たんぽは、寝るときに使うのではなく、朝にお湯を入れて、夕方まで。

そして、ミシン部屋で使います。

081114

パソコンをするときも、ミシンをするときも、いちばん冷えるのは足なので、
いくらストーブをつけていても、快適にはならないのです。
それが、湯たんぽひとつで、ずいぶん楽になります。

湯たんぽカバーは、買った年にパーッと作ったもの。
ウォッシャブルフェルトをウサギの形に切って、アップリケしました。
これもまた、フェリシモのキットが入ってる袋にプリントされてたアップリケ図案から。

クッションを床において、その上に湯たんぽを置いて、足を乗せて、膝掛けをします。
あったかくて、気持ちいいで~す。

 

2008年11月13日 (木)

帽子

ミシン部屋では、私物も作るのです。

081113

これは、フェリシモの帽子作りキット、全6種。

手芸キット大好きなんですー 
目新しいものはいろいろと試しちゃうので、これまで、かなりのものを
買っては作ったけれど。
何年も前に来たやつが、まだ箱の中で眠ってる…なんてものもあります。

が、この帽子は、来てからあまり間をおかずに全部作りきってしまいました。
楽しかった~

帽子って、自分ではあまり使わないんだけど、布の使用量があまり多くないし、
ハギレを利用するのには良い品物だと思い、まずはどんなふうに作るものなのか
研究するため、という動機もありました。

ひととおり作ってみて、私のお気に入りは、一番上のキャスケット。
コーデュロイを使って、また作ろうかしら。

しかし、この帽子、作ったはいいけど、自分で使うには、ちょっと多すぎ。
どうしようかなぁ~。

 

2008年11月 9日 (日)

割烹着 「紅茶の時間」

今年も、コーデュロイの割烹着を着始めました。

暖かいです。

081109

この秋冬の、コール天割烹着、その2です。

苺を混ぜ込んだ焼き菓子のような色。
寒い寒いと学校から帰ると、お母さんが
おやつと温かい飲み物を用意して待っていてくれる。
そんな場面を想像して。

そんなお母さんになりた~い
現実は、そんなお母さんじゃないんだよね…
ま、たまには、やってますよ。たまには。

肩のあたりや袖ぐりは、割烹着にしてはやや細身で、
そのぶん、洋服っぽく着られるんです。
タートルやハイネックのセーターと合わせて着るのがオススメです。

 

詳細は、こちらでご覧くださいね。 お待ちしてます!
雨の日工房 

 

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »