2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お店はこちらです

フォト
無料ブログはココログ

« 半端糸の始末 | トップページ | クロスステッチ楽し »

2019年12月26日 (木)

きれいな文字を書きたくて

職場に、字の上手な人がたくさんいます。
私も日々手書きで文字を書いていた学生の頃は、そこそこな字を書いていたと思うのですが、
社会人になり、パソコンを使うのが普通になり、手書きで文字を書く機会が少なくなったら、
あまりうまく書けなくなりました。

女性の先輩たちは、書くスピードも速いのに、すごく丁寧に書いたような整った字だったり、
アート的でもあるのに読みやすい字だったり、
素敵なんです。

さらに、職場の男性たちにもきれいな字を書く人が何人かいて、
私も負けてらんねー!とか思っちゃって、
また自分の書く文字を見直してみたい気持ちになりました。

で、まずはなぞり書きで気楽に手を慣らすことをめざして、
そういう本を買ってみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美しい字で心やすらぐ枕草子 [ 和田康子 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/1/2時点)

同じシリーズで、百人一首とか万葉集とかもあったのだけど、
なんとなく、自分の感覚でものを言い切っているようなところが
読んで書いて気持ちがよさそうだと思って、枕草子にしました。
教科書に載っていなかった文章が読めそうなのも、楽しみ。

かきかたの教科書的な文字は、本当はあまり好きではありません。
けれど、これを基本として真似て書きこんでいくうちに
自分なりの線で味わいのある美しい文字を書けるようになっていけたら
いいのだろうなと思います。

 

« 半端糸の始末 | トップページ | クロスステッチ楽し »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 半端糸の始末 | トップページ | クロスステッチ楽し »