2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お店はこちらです

フォト
無料ブログはココログ

« 待ち時間の楽しみ | トップページ

2020年7月31日 (金)

◇生きるとは…ムズムズとゾワゾワにあふれている💦

田舎生まれ、田舎育ち、田舎暮らしの私は、そのへんにいる虫などの
生きる営みあれこれを目撃することには、ちょっとは強いと思っていました。

クモが巣を張る様子、クモの巣にかかった虫の必死の抵抗、その虫をクモが追い詰めて自らの命の糧とする様子。
セミの羽化の、成功した時のまだ白いからだの美しさと、失敗した時のなんというか、あぁ…、という感じ。
キャベツについた青虫が蛹にならず、何か違うものの繭がいくつも溢れ出てきたときの、何が起こったのかという驚き。
夜の窓ガラスにぶつかる、でっかい蛾。カブトムシ。
カエルがイラガを飲み込もうとしているところ。(イラガって、すごく痛いのに大丈夫なのっ?とビックリ)

いやぁ~、見ていても、だいたい気持ち悪いですけどね!
ゾワゾワしながらも、見てしまうっていう。笑

しかし、家の周りだけでも、まだまだ知らない虫がたくさんいるものです。

昨日の朝、初めてのものを見てしまいまして。私の中では気持ち悪さ最強!かも。
アマガエルが虫を捕って食ってるのかと思ったんだけど、違って、
蛙ののど元に食いついて離れない、何かの幼虫?みたいなモノ。

これは何なのか、どうなっているのか、興味はもっても虫が気持ち悪くて、
つかまえて観察する気にはならなかったんだけど、
家族に話したら、母がつかまえてきて、結局容器の中で観察することに。

この気持ち悪い虫を「蛙に食いつく虫」で調べると、ナントカゴミムシの幼虫らしい。
書いてあることも気持ち悪いので、本当か!?と、つい「怖いもの見たさ」を刺激されてしまう。

アマガエルは、のどから自分と同じくらいの大きさのモノをぶら下げたまま、ピョンピョン跳ねて、
容器からの脱出を試みている。
意外に元気なもんだな、と、時々、様子を見ていても、夜まで、あまり変化がなかったのですが。

夜、お風呂上がりに、どうしたかな?と見てみると……
カエルはすでにしぼんでいたという急展開。
私は、見るべきではないものを見てしまったようです(+_+)
そのあとは、もうずっと、胸のあたりがムズムズするような、へんな感じがしてました。。。
こいつも、私たちが生きるために他の命を奪って、頂いていることと同じことなのにね。

 

« 待ち時間の楽しみ | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 待ち時間の楽しみ | トップページ