2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お店はこちらです

フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2020年7月31日 (金)

◇生きるとは…ムズムズとゾワゾワにあふれている💦

田舎生まれ、田舎育ち、田舎暮らしの私は、そのへんにいる虫などの
生きる営みあれこれを目撃することには、ちょっとは強いと思っていました。

クモが巣を張る様子、クモの巣にかかった虫の必死の抵抗、その虫をクモが追い詰めて自らの命の糧とする様子。
セミの羽化の、成功した時のまだ白いからだの美しさと、失敗した時のなんというか、あぁ…、という感じ。
キャベツについた青虫が蛹にならず、何か違うものの繭がいくつも溢れ出てきたときの、何が起こったのかという驚き。
夜の窓ガラスにぶつかる、でっかい蛾。カブトムシ。
カエルがイラガを飲み込もうとしているところ。(イラガって、すごく痛いのに大丈夫なのっ?とビックリ)

いやぁ~、見ていても、だいたい気持ち悪いですけどね!
ゾワゾワしながらも、見てしまうっていう。笑

しかし、家の周りだけでも、まだまだ知らない虫がたくさんいるものです。

昨日の朝、初めてのものを見てしまいまして。私の中では気持ち悪さ最強!かも。
アマガエルが虫を捕って食ってるのかと思ったんだけど、違って、
蛙ののど元に食いついて離れない、何かの幼虫?みたいなモノ。

これは何なのか、どうなっているのか、興味はもっても虫が気持ち悪くて、
つかまえて観察する気にはならなかったんだけど、
家族に話したら、母がつかまえてきて、結局容器の中で観察することに。

この気持ち悪い虫を「蛙に食いつく虫」で調べると、ナントカゴミムシの幼虫らしい。
書いてあることも気持ち悪いので、本当か!?と、つい「怖いもの見たさ」を刺激されてしまう。

アマガエルは、のどから自分と同じくらいの大きさのモノをぶら下げたまま、ピョンピョン跳ねて、
容器からの脱出を試みている。
意外に元気なもんだな、と、時々、様子を見ていても、夜まで、あまり変化がなかったのですが。

夜、お風呂上がりに、どうしたかな?と見てみると……
カエルはすでにしぼんでいたという急展開。
私は、見るべきではないものを見てしまったようです(+_+)
そのあとは、もうずっと、胸のあたりがムズムズするような、へんな感じがしてました。。。
こいつも、私たちが生きるために他の命を奪って、頂いていることと同じことなのにね。

 

2020年7月17日 (金)

待ち時間の楽しみ

友人と飲みに行くときなんかは、
バスで駅まで出ていって、待ち合わせとかお店集合とかってなるのですが、
余裕があるときには(バスの便の都合もあるのだけど)、かなり早めに行って、
ちょっとしたものを買ったり、本屋さんを見たりしてから、
あとは喫茶店に入って、お茶しながら読書をするのが楽しみです。

200717

いま本屋で買ったものを持ち込むこともあるし、
前回読み始めたものを持って行って続きを読むこともあります。
雑誌を買ったときは家に帰ってからもすぐに読むけれど、
文庫本は、行きのバスの車内と約束の時間までのコーヒータイムに読むだけで、
バッグに入れたまま、家ではまず読みません。
ほぼ「待ち時間用」です。

これがね、終わりの時間が決まっているからだらだら読み続けてしまわないし、
出先なので途中で他のことをあれこれやっちゃうこともなく、
読むか、飲むか、まわりを眺めるか、しかできないので、なかなかいいのですよ。

今年は、こういう機会が激減したけれど、
できるときには、家以外の場所でゆっくりと本に向き合う時間をもちたい。
豊かな気分になれる、い~い時間です。

 

2020年7月 2日 (木)

ニワトリ、受難の日

時々あることなのだけど、うちで飼っている鶏が、昨夜獣に襲われた。

息子が騒ぎに気付き、駆けつけたら、獣が鶏小屋に入り込んで
鶏たちを襲っていたという。

朝起きてからその事件を聞き、私も様子を見に行ってみた。

200702a

襲われた小屋には、雄1羽、雌3羽がいるのだけど、
気づくのが早かったからか、みんな生きていて、ほとんど傷は見当たらず、雌1羽が軽く羽を傷めた様子。
しかし精神的なダメージが酷かったらしく、
雄鶏が、地面につくほど頭を下げて、ずど~ん…と落ち込んでいるよう。
ショックで死んじゃうんじゃないかと不安になるほど元気がなく、
うずくまるなんてものじゃない、パタッと横に倒れて放心している時もある。

しかし雌鶏3羽は、ケロッとして餌をつっついている。
鶏の世界でもたくましいな、女子…!

命の危機に瀕して、ものすごい恐怖だったのだろうね、可哀想に。
どうか回復してほしいと願いつつ、今日は何回か鶏小屋を見に行きました。

でも彼は夕方まで、動くことができずにうなだれたり倒れたりしたまま。
いつもは元気に、しつこいくらい「コケコッコ―――!!」ってやってるのに、
今日は声すら1度も出さず。

とうとう父が小屋から出して、別の場所に移しました。
そうしたら、立ち上がることができて、顔も上げられるようになっていました。

襲われた場所に対するトラウマかな? と、息子。

たしかにそれはありそうで、羽を傷めた雌も、夕方になると、いつも寝ている小屋に入らず、
昼間いる場所に出たまま、そこで寝る態勢になっていました。
きっとこのコも、暗くなるときには襲われた場所にいられなくなっちゃうんだね。

~ ~ ~ ~ ~

あとで、息子が撮影した、獣の画像を見せてもらいました。

200702b

今まではイタチ程度の小型の獣が入った程度だったのに、今回はずいぶん大きい獣でした。
タヌキかな、と思ったんだけど、アナグマ?という説も。
ここらへんでタヌキがいるのは知ってるけれど、アナグマは初めて聞くよ。
どっちかな。
それにしても、これじゃぁ、怖いわ…。
今日の様子では、鶏もPTSDになるんじゃないかな。
可哀想だ。
元気になれるか、心配。

 

 

2020年7月 1日 (水)

◇ラジオ局がなくなった日

先月ちょっと書きましたが、20年前の開局のときから聞き続けてきた大好きなラジオ局、FM PORTが
昨日いっぱいで、停波してしまいました。
今朝はいつものように、朝目覚めたらラジオをつける、ということが、できませんでした。
つけても、いつもの声は聞こえてこない。とても寂しい気分になると思って。

こんな日に、仕事は休みです。
仕事をしていれば、ラジオのことは忘れていられるのだけど。

でも、無音の部屋に耐えられたのは、起きてから3時間ほど。
何か音が欲しくて、ラジオをつけました。
あちこちチューニングして、こんなところか…ってところに決めてみたのですが、
聞き慣れないので、なんとなく馴染みません。
ふとした時に、PORTでは今ごろあの番組のこのコーナーの時間だなぁとか、
無意識に思っていて、
あ~…、寂しいなぁ。。。
と。これが「ロス」という状態なのでしょうか。

しかし、昨日までPORTリスナーでしたって人が何人も、
さっそく違う局の番組にメッセージ送って読まれているんだから、
みなさん、切りかえ早いな!と、ちょっと笑いました。
かくいう私も、その番組聞いてんじゃん(笑)
そりゃそうだ、私たち、今は難民状態。どこへ落ち着こうか、必死でさまよっているところだもの。

*******

昨日は仕事に行くまでPORTを聞いて、帰宅してからすぐまた聞いて、
最後の瞬間まで、聞きました。
本当に、番組が終わって、0時の瞬間に、ザーっと砂嵐の音になって、それきり。
それまで喋っていたナビゲーターさん、きっと、
「ほーんとに、0時になった瞬間、砂嵐だったねぇ~。ははははははは!」
って言っただろうと思うけど、それはけっして電波にのることはなく。
一度砂嵐になってみたけど、突然こんなコメントがポッと聞こえてホントに終わり、ってなったとしたら、
聞いてるこっちはビックリして最後まで笑って、
あ~、終わったね。
って、もう少し気持ちがスッキリいったような気がします。

でも、PORTのナビゲーターさんたち、
たぶん、いくらもしないうちに、どこかのラジオで喋ってるんだろうな、と
思うので、またすぐどこかで出会えるような気がしたりしていますが…。
そうだといいな。

 

2020年6月 6日 (土)

種売場でシャカシャカ

「ハーブは育てやすい」と言われておりますが、私、近年はそのハーブすら枯らす、
名人の境地に達しつつありまして(^^;)

今年また(!)枯らしたコモンタイムの苗と、新たにスペアミントの苗を手に入れたいと、
機会あるときにホームセンターの苗売場を見に行っていたのですが、
時期が遅かったのか、目当てのものがなくて、
いっそ種でもいいかと、種売場も見に行ってみたりしていました。

人は、種の袋を手に持つと、シャカシャカ振るもの、なのですねぇ。

そのときは売場に2~3人のお客さんがいて、
シャカシャカシャカシャカ
あっちからこっちから聞こえるんです。
きっと無意識に振ってるんだよね。

気づいちゃったので、私は振りませんでしたけどね(笑)

結局、後日、新しく入荷したらしい苗の中から、目当てのものを手に入れることができました!

200606

ミントは大丈夫だと思うけど、タイムは今度こそ元気に育てたい。

 

2020年6月 4日 (木)

◇ ソラミミ~♪

息子と用事に出かけた車の中で。

突然息子が、
この歌、「痩~せろ! 何してんだ、痩~せろ!」と連呼している…
と、言い出した。

車内で流していたクレモンティーヌの音楽に反応したものだったのだけど、
そう言われて聞いてみれば、なるほどそんなふうにも聞こえるような。

私はこれまで何十回と聞いていてまったく気にもならなかったのに、
一度そう聞いてしまうと、もう元には戻れません。
可笑しくておかしくて。
だって、自分のこと咎められているような「ソラミミ」だったのだもの。。。(T_T)

 

2020年5月19日 (火)

◇ この1か月のこと

いつの間にか、前回の投稿から1か月たっていましたね。

何かアクシデントがあったとかではない、普通の日々を暮らしているのですが…

仕事では、
この時期は繁忙期というのは毎年のことなのだけど、
今年は閉店して統合したかたちになる旧店舗の利用者さんがこちらへ来てくださるので、
もう、すごくて!!
休日もちゃんとあったけれど、朝目が覚めても体が痛くて、午前中は寝ていないと回復しない感じでした。
出勤日も増えて、連休になる休みもあまりなくて、本当に体と心を休めるだけの休日になってしまい、
おうち時間を活動的に楽しむ元気もなく…

家では、
大好きな地元ラジオ局が停波・閉局するということで、悲しくて悲しくて!
朝起きたらすぐつけて、夜寝るまでずっと流しっぱなしで楽しんでいたFM PORTが、なくなるというのですよ。
突然の発表は4月に入るころだったかな。大ショックで、これから家にいる時間をどう生きていけばいいのだと、
今もまだ、心の整理がつかず、寂しくて仕方がないのです。
開局してから20年くらい、時々ほかの局を聞いてみてもなんかつまらなくなって、すぐに戻って聴き続けてきた、
本当に大好きな番組がいっぱいだったのに。。。
だんだん、いろんな番組で「あと何回」とかってカウントダウン的になってきて、
6月が終わったら、本当にこの周波数から何の音もしなくなるのか…と、
ますます悲しくなっております。

そんな中、最近楽しんでいることもあって、
それは「ナンプレ」なのですが、新聞の脳トレコーナーにあったのを母と解いていて、
もっと難しいのをやりたくなったんですよ。
で、難易度高いナンプレ専門誌を一冊買って、やっているんですけど、
早くも「あ~、ダメだ。」といったんやめて何日か置いてまた挑む、くらい難しいのにポツポツ当たって、
この手ごたえが、たいへん面白いです。

畑(というか植木鉢)では、
去年ちょっと失敗した、インカのめざめというじゃがいもを、今年は3株植えました。
それと、かぐらなんばんの苗を1株、初挑戦で植えてみました。
200519
うまく育ってくれるといいけれど。

 

そんな感じで、いつの間にか過ぎた1か月です。

 

 

2020年4月19日 (日)

桜の広場でぱぁ~っと!!

なんか今、気持ちいい写真だなぁ、と思うのは、
「密」感が薄い、ぱぁ~っと開けた広場の桜でした。

200419a

何日か前、近くに用事があって出かけた際に、悠久山公園を散歩しました。

気持ちよい晴天に、満開~散り始めくらいの桜。

そして、人のいない広場。

いつもならば、平日でも屋台がたくさん出ていてね。
もっと人が多いのですけれど。
長岡の桜の名所が、桜の盛りにずいぶん落ち着いた雰囲気です。

 

200419b

今年は、池のほうにある、枝垂桜の林の中にも歩み入ってみました。

ソメイヨシノよりもピンクが濃く、色の影響か、
花の下にいると、トキメキ感、ハッピー感みたいなのが自分の中に入ってくるようでしたよ(^-^)

 

さて。
4月、5月は職場が繁忙期でして、
心がささくれ始めてますが…、
桜のピンク効果で、もうしばらく頑張りましょう。

桜効果が切れたら…。
たけのこ食べて頑張る!(笑)

 

2020年3月25日 (水)

春に使いたくなる布

割烹着作りに、ダンガリーはわりとよく使うのですが、
今も青いダンガリーで割烹着を縫っているところです。

200325

縫いながら、ふと、ダンガリーのスカートかワンピースを着てみたいなぁと思いました。

なんとなく、春には青系のダンガリーが合う気がします。

 

2020年3月23日 (月)

◇眼科にて

3か月ごとに眼科へ行って、コンタクトレンズを処方してもらっています。
今日眼科に行く予定にしていたら、昨日、白目が内出血して真っ赤になりまして。
時々あることで、結膜下出血というもののようです。
何日かすれば自然に治るのですが、この冬はけっこう頻繁で気にしてはいたのです。
今回ちょうどその状態が当たって、コンタクトの検査と一緒に診察を受けることになりました。

先生曰く、
「原因としては…」
と、2~3秒ためて
「白目の老化ね」
だ、そうです。

ロウカ……ですか(=_=)

やっぱり血が引くまで放っておくしかないそうで、
「その濃さだと、2~3週間だね」
とのこと。

痛かったり痒かったりするわけじゃないので、
私は忘れて過ごしていたりするけれど、
会う人会う人、ぎょっとした表情するんですよね(^^;)
そのくらいインパクトある「真っ赤」なのです。
私も鏡を見るたびに「怖っ…!」と思いますけどね。
息子に見せたら、
鷹の爪ちぎって貼りつけたみたい
だって。
たしかに。。。

 

より以前の記事一覧