2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お店はこちらです

フォト
無料ブログはココログ

趣味

2020年2月 2日 (日)

椿のクロスステッチ

休日を少しずつ使って、やっと仕上げました。

チクチク没頭して、気分がスッキリ。

200202

どこかの集落の神社の前を通ったときに、椿の木が一本立っていて、
花が木いっぱいに咲いていました。

濃い緑と、赤。

まわりの枯れた色合いの中で、椿の木の色が際立って見えて、
印象的でした。

 

2020年1月 6日 (月)

帆布バッグ三昧

今年の年末年始は、手作り三昧なお休みでした。
刺繍したり、バッグ作ったり。

200106

フェリシモの帆布バッグ作りのキットを、あまり寝かせないうちに消化してしまおうと、
一気に作りました~。

ソーイング歴は長いんですけれど、なぜかバッグ作りはちょっと苦手意識があって…。
ファスナー付きとか、縫い合わせるマチがついたデザインのものとか、
きれいに作ろうとすると面倒くさいと思ってしまって、なかなか手が出なかったのですが、
これでこう作りなさいってなってるキットなら、作ってみようかなって思えるんですよね。

でも実際に教えのとおりに作ってみると、出来上がった感じもいいし、
そんなに難しいものでもないのだとわかって、すごく学べましたね~。

今度は布を変えて作ってみようかなって気持ちにもなりました。

 

2020年1月 1日 (水)

クロスステッチ楽し

200101

赤が映えるところがいいなと思って、
お正月に飾ろうと早めに着手した椿のクロスステッチフレームキットですが、
12月はほとんど余裕がなく、間に合わなかった。

それを年末休みに入ってから少しずつ刺し進めて、
年越しでチクチクしていました。

目が痛い…とか言っても、でも、楽しい!
目を酷使しずぎて頭痛くなってくるんだけれどもさ(^^;)

できるだけ糸を切らずに続けて刺せる手順とか、
同じ色の場所をできるだけ一度に刺し終わるには、どの色の糸から使い始めるかとか、
考えながら刺していくのが面白くて、目がつらくてもやめられないんです(>_<)

 

2019年12月26日 (木)

きれいな文字を書きたくて

職場に、字の上手な人がたくさんいます。
私も日々手書きで文字を書いていた学生の頃は、そこそこな字を書いていたと思うのですが、
社会人になり、パソコンを使うのが普通になり、手書きで文字を書く機会が少なくなったら、
あまりうまく書けなくなりました。

女性の先輩たちは、書くスピードも速いのに、すごく丁寧に書いたような整った字だったり、
アート的でもあるのに読みやすい字だったり、
素敵なんです。

さらに、職場の男性たちにもきれいな字を書く人が何人かいて、
私も負けてらんねー!とか思っちゃって、
また自分の書く文字を見直してみたい気持ちになりました。

で、まずはなぞり書きで気楽に手を慣らすことをめざして、
そういう本を買ってみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美しい字で心やすらぐ枕草子 [ 和田康子 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/1/2時点)

同じシリーズで、百人一首とか万葉集とかもあったのだけど、
なんとなく、自分の感覚でものを言い切っているようなところが
読んで書いて気持ちがよさそうだと思って、枕草子にしました。
教科書に載っていなかった文章が読めそうなのも、楽しみ。

かきかたの教科書的な文字は、本当はあまり好きではありません。
けれど、これを基本として真似て書きこんでいくうちに
自分なりの線で味わいのある美しい文字を書けるようになっていけたら
いいのだろうなと思います。

 

2014年11月27日 (木)

はかま紙

切り絵教室で、この時期になるとやるのが、お正月のお飾り餅に使う「はかま紙」を切ること。

私の家では、まったく使うことがなかったので、切り絵を始めるまでその存在すら知らなかったのですが、みなさん、けっこうお使いになるのですねぇ。

この夏までちょこちょことお手伝いに行っていた職場では、欲しがってくれる人がいるので、
この3年ほど、製作を請け負っています。

今年は、正社員として職を得てしまったけれども、「時間は作れる!」と、これまでどおりにやろうと動いているのですが、やっぱりなかなか、切る時間が作れない(>_<)
休日をフルで使えるほど、エネルギーがなくて…

でも、あてにされていると頑張っちゃう私。今日はけっこう頑張って、切りましたー。

141127


12月の半ばまでには、お渡ししなければ!

2014年6月22日 (日)

福到了!

私が習っている切り絵は、「中国剪紙」というもので、中国の図案の摸刻、ということになります。

日本にはない独特な雰囲気です。

何年か前に切ったものを、せっかくなので部屋に飾っておいたりするのですが、

福到了!


息子が異変に気づく。

「福が、なんで逆さまなんだ? 間違ったのか?」

確かに、違和感ありますよね。

いやいや、これは間違ったのじゃなく、
中国語では「福が逆さま(福倒)」と、「福が来る(福到)」の発音が同じだから、
「福がやってくる」という意味になって縁起がいいんだよ。

でも逆さまじゃぁ、幸福の反対で不幸みたい、縁起悪そうじゃないか。

息子は納得いかない様子。

まぁ、日本の感覚では、そうかもね。

 

中国でも、そういう、いい意味の言葉と同じ音をもつものを縁起物としていることが多くて、
たとえば、金魚。
「お金が余る(金余)」と同じ音なので、金魚はお金関係の縁起物。
金魚なら、絵でも実物でもかわいいから抵抗ないけど。

たとえば、コウモリ。
「蝙蝠」の読み方が「幸福になる(変福)」とよく似ているので、コウモリも縁起物。
コウモリは、あまり飾っておきたくはないかな…(^^;)

てな感じで。

 

私のところにも、みなさんのところにも、「福到了!(幸せがやってきた)」となりますように。

 

2014年6月12日 (木)

展示会準備

今朝仕上げた”宿題”のポスターを持って、剪紙作品展示会の準備を手伝いに行ってきました。

140612a


福戸教室の女性メンバー4人が集まって、先生の指示のもと、30数点を飾りました。

生徒一人あたり、2~3点出しています。

先生はたくさん。

 

私の作ったポスターは、会場の入り口に。

作品に赤いものが多く、色があるので、ポスターはおとなしくしようと考え、図柄はグレーで。
タイトルの文字だけを、中国っぽく、赤文字に黄色の縁取りでやってみました。

どうだろう、これでよかったのかな。自分ではよくわからない。

 

会期は、6月13日(金)~6月22日(日)

会場は、ながおか市民センター1階。入るとすぐに見えます。

よかったら、見に行ってください~。

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

準備終了後は、せっかく駅前に集まったのだから、と、みんなで軽く飲んで帰ってきました。
何年かやっていて、こういうの、初めてだったけど、楽しかった♪

2014年6月11日 (水)

ポスター作り

明日までに仕上げなきゃいけない「宿題」、ようやく仕上げ段階です。
切り絵の展示会用のポスターを作れと

家にあるプリンターではA3が出せないので、
A4で出した原稿をコンビニで拡大カラーコピーしてきたものを
絵がずれないように貼り合わせます。

140611a

大きくて厚みのない紙をずらさないように貼るのは難しい。

裏をマスキングテープで仮止めしてから、下の紙の端に糊をつけて、
パタンと上の紙をひっくり返すと、きれいに貼れるはず…だ。

140611b
継ぎ目、わかるかな。

紙の重なりが透けて見えちゃうのが残念だけど…。

あとは、4つ切りサイズの台紙に貼って完成、の予定。

しかし、こんなんでいいのかなぁ…。
先生は、もっと若い感じのポップなものを期待して、私に制作を振られたのだとしたら。。。
自信ないな…。

でもここまで来たら、これで行くしか仕方がない。
できるだけのことはした。

 

2014年5月26日 (月)

切り紙作品展示会@台町会館

今日から、私が通っている切り紙教室の3教室合同の展示会が始まっています。

今年は初日にパッと行ってきました。

140526c

長岡駅東口から近い「至誠会台町会館」というところでやっています。

140526b

たくさんの作品が出ているのですが、これはその一部、私の通う教室のコーナーです。
右端のが、私のです(*^.^*)

140526

こんな感じ。額は特殊なサイズなので、先生が作ってくださいました。
ちょっとモダンな感じじゃないですか~?

 

他の教室の方たちの作品も、今回はカラフルな感じになっていて、素敵でした。
みなさん、楽しんで切っていらっしゃるんだな~、という感じがします。

 

この展示会は、5/31(土)まで。
9:30~17:00(最終日は~15:00)です。

お近くの方、通りかかった方、ちょこっとお立ち寄りいただけると嬉しいです!

 

2014年3月19日 (水)

次の修行、開始

明日の教室を目前にして、ちっとも切り進めていないんじゃぁダメでしょ、と
ミシン仕事の合間に、ちょこちょこと(間に合わせで?)切ったりしている。

今度の課題は、サイズがでかくなりました。

140319

横30、縦80cmほどある。
図案は細かすぎず、切りやすそうだが、大きいものはなかなか扱いづらい。
作業する台の面積も必要だし。

見栄えがしそうで、出来上がりが楽しみだけど、
これも締め切りアリで、約一か月後、かな。

仕事しながらだと、あっという間に日が過ぎてしまうけど、
間に合わせるようにしなくちゃ

 

より以前の記事一覧